デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

【オススメブックレビュー】はじめての編集

今回は、以前読んだデザイン関係のオススメ本を紹介します。それがこちら菅付雅信著の「はじめての編集」。

はじめての編集 [単行本]

はじめての編集 [単行本]

こちらは以前からいろんなところでオススメされていたのは知ってたのですが、なかなか手を出さぬままでしたが、昨年に購入し一気に読破しました。この本、レビューの評価がとっても良いんです。読んだらそれも納得。ということで、今回はこの「はじめての編集」のブックレビューをしてみたいと思います。

はじめての編集

はじめての編集

まずは、amazonでの本の紹介、著者の紹介を抑えておきましょう。

内容紹介

〜21世紀の編集者を志す人たちへ贈る編集のレシピ集〜 古代の壁画からレディー・ガガのfacebook、 マクルーハンからIKEAの取説まで、 第一線の編集者が豊富な経験と事例から編集の仕組みと魅力を解き明かす21世紀の編集入門書。 「編集とは企画を立て、人を集め、モノをつくるために、 言葉とイメージとデザインをアンサンブルすること」

著者紹介

菅付雅信(すがつけ・まさのぶ)編集者/菅付事務所代表。1964年宮崎県宮崎市生れ。法政大学経済学部中退。 『月刊カドカワ』『ロックンロール・ニューズメーカー』『カット』『エスクァイア日本版』編集部を経て独立。 『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』『リバティーンズ』の編集長を務める。 現在、出版からウェブ、広告、展覧会までを編集する。 編集を手がけた書籍は津田大介『情報の呼吸法』、『六本木ヒルズ×篠山紀信』、北村道子『衣裳術』、マエキタミヤコ『エコシフト』、竹尾ペーパーショウの本『PAPER SHOW』、『東京R不動産2』、『TRAVEL GUIDE TO AID JAPAN』など。フリーマガジン『メトロミニッツ』のクリエイティヴ・ディレクターも務める。 著書に『東京の編集』『編集天国』がある。マーク・ボスウィックの写真集『Synthetic Voices』でニューヨークADC賞銀賞受賞。

こちらが菅付さんの会社、グーテンベルクオーケストラのHP

グーテンベルクオーケストラ

菅付雅信さんが関わってきた雑誌には僕も随分と影響を受けたものが多いです。カットのあの独特な判型の雑誌は印象的だったし、エスクァイアの日本版は今でも押入れの中に20冊近く保管しています。捨てれないんですよね、あの雑誌。メトロミニッツは今でも毎号読んでる唯一のフリーペーパー。どれもデザインも内容も良くて読んでいて面白いし、参考になるんです。

「初めての編集」ブックレビュー

ブックレビューイメージ

今回は、本の全体感にポイントを絞って感想を3つにまとめてみました。僕は普段読んでいて良かったポイントには付箋をつけているのですが、こんなに付箋がついたのも初めて。個別の内容で一本ずつ記事が書けそうなくらいの内容です。

※付箋はこんな感じに

ある程度キャリアを形成した人にオススメ

内容は評判通りとても読みやすく面白い内容でした。編集史から始まり編集の基本を抑えつつ、様々な実績を紹介しています。このレベルの内容だとキャリア的に業界や仕事をある程度、理解をしてから読むほうが内容が染み込みやすい印象を受けました。

全体を通して「編集とは」「デザインとは」「美しいとは」などの定義の難しい問いに筆者の経験をふまえた答えを用意しています。これらの言葉は一般論だったり辞典の内容を引用〜、みたいな形で説明されることが多いのですが 、この本では豊富な経験と裏付けや知識もとにした管付さんご自分の言葉で説明されているので、説得力があります。

例えば、「編集とは企画をたて、人を集めて、モノを作ること」「デザインはものの見方を示すこと」「美しさとは決まりがあること」など。定義しにくいものをさらり定義しているので理解がしやすく腑に落ちやすかった印象です。

さらにその言葉の説得力を増す豊富な参考資料が理解を助けてくれます。やはりビジュアルがあると理解する速度が違いますね。巻末の参考文献のページはびっしり4ページほど埋まっています。

ビジュアルの参考資料が豊富

※著者作品を含む様々なビジュアルの参考資料で理解もスムーズに

巻末資料 ※びっしりと4ページの資料(ビジュアル資料含む)

言葉・イメージ・デザインの章立てがあり、様々な職種の参考に

デザイナーの立場から見てもビジュアル面の構築に関して参考になったところがたくさんありました。また知識としては理解していたり技法としては普段使っているものでも、改めてそれを言語化して内容を再確認する、ということもできました。 例えばデザインをしていく中で「モンタージュ」という技法は無意識的に使っていますが、そのモンタージュの理論を用いた「戦艦ポチョムキン」という代表的な映画があること、その技法にウディ・アレンなどの映画監督も影響を受けていること、など技法や知識の再確認・再認識ができるのがとても良かったです。こういったことを知っているとデザインを作って説明するときに説得力につながりますしね。デザイナーと同様に、コピーライターも編集者も知識や構成、技法の再確認をしたり刺激を受けたりできるのではと思います。

まとめ

今回は菅付雅信さんの「はじめての編集」をご紹介しました。この本、今回だけでは紹介しきれないくらいためになる内容が盛りだくさんだったので、また別の機会に少しづつ紹介できたらなと思います。それでは、今回はこのへんで