デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

パラパラめくってフォントの勉強「フォントマッチングブック」がオススメ!

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

今回はデザインの重要な構成要素「フォント(文字)」を決定する際にお役立ちな本をご紹介します 。デザインの仕事を始めた頃はフォントってどう選んでいいのか、どんなものがあるのかがわからずに仕事をしながら実際に使っていって覚えていく感じでした。イラストレーター上でフォントを変えてああでもないこうでもないと頭を悩ませ、先輩にチェックしてもらって書体選び丸ごと全直しを食らうという・・・。今になると懐かしい、いい思い出です。そんな苦しい時期にこんな本があったらいいなというような本がありました。それがコレ!フォントマッチングブックです。

フォントマッチングブック

フォントマッチングブック

フォントマッチングブックはデザイン本といえばここ!のPIEBOOKSからでているフォント本。デザイナーや編集者など文字に関わる仕事をしているに、特にその中でもまだ仕事を始めたばかりの人たちには本当に便利なアイテムになるのではないかと思います。

使い方は簡単

フォント別に「見出し」「リード」「本文・キャプション」の3つのパートに分かれて切り込みが入っている組版の見本帳です。それぞれのパートではそのパートに合わせたサイズ感、組み方で文字が配置されているのでパラパラとめくって組み合わせを変えることで組み合わせを見て確認することができるという優れもの。例えば見出しはA1明朝、リードは見出しゴシック、本文は中ゴシックBBBの組み合わせをしたらどんな風に見えるかというのを確認できるってことですね。

こんな風に実際にパラパラと組み合わせを印刷された状態で見れるっていうのはとても助かります。特に経験が浅い頃はこの印刷された状態で見るってのがとっても重要!(よく先輩に出力して紙に確認しろって言われました。)画面上で見ているのと実際にプリントしたものを見るのは受ける印象がかなり違います。

ちなみに書体はモリサワやフォントワークス、タイプバンク、など第一線で使うフォントが基本的にラインナップされています。左右のページで縦組み、横組みの両方に対応しているのがありがたいですね。

下にホームページから引用した使用イメージを掲載しておきます。

フォントマッチングブック フォントマッチングブック フォントマッチングブック フォントマッチングブック フォントマッチングブック

(参考:http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4864

まとめ

今回フォント選びの勉強のお供にオススメなフォントマッチングブックのご紹介でした。以前にこちらの記事(デザインの独学者や初心者の学習向けに!オススメデザイン書籍8選)でご紹介しているフォントの勉強にオススメの「タイポグラフィの基本ルール」と合わせて学習するとより効果的なのではないかと思いました。

タイポグラフィの基本ルール -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-[デザインラボ]

タイポグラフィの基本ルール -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-[デザインラボ]

実際の組版を想像しながらパラパラめくるもよし、意外な組み合わせを発見するも良しの便利な一冊だなあと思います。やっぱり実際に印刷された見本を目で見て感覚を身につけられるというのはとても学習効果が高いのではないかと思います。それでは、本日はこのへんで。

フォント マッチングブック

フォント マッチングブック