デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

ねこ画展がイベント充実でねこ好きには全力でオススメ!ちなみに平日の昼がオススメ!【前編】

こんにちは!ご無沙汰しています、デザインねこです。つい先日の5月30日(水)、都内で予定があり、平日に有休を取っていたのですが、ことの外予定が早く終わったので、以前から気になっていた「ねこ画展」を見に東京ドームシティに行ってきました。以前にこのブログでも取り上げてきた「ねことじいちゃん」の「ねこまきさん」目当てで行ったのですが、

 

www.design-neko.tokyo

www.design-neko.tokyo

 

いやーもうこの「ねこ画展」最高でした。ねこまきさん以外にも素晴らしい作品が多数!!!猫好き、猫漫画や絵本が好きなら是非行くべし!ということで、今回はねこ画展のレポートをしていきましょう。

 

ねこ画展とは?

f:id:toraneko-design:20180603183058j:plain

 

まずはねこ画展とはどういったものかを公式ページより引用させていただきました。

 

画家、絵本作家、イラストレーター、漫画家などジャンルを問わず、猫をテーマに魅力的な作品を発表している新進気鋭の日本人作家8名による「猫の絵画展」です。バラエティ豊かに描かれた猫たちの絵など180点を展示します。

 

参加作家は、「おかべてつろう」「くまくら珠美」「クラミサヨ」「柴田ケイコ」「高原鉄男」「ねこまき」「目羅健嗣」「山下絵理奈」。常時約2,000冊の猫本をそろえ、猫好きの聖地となっている「神保町にゃんこ堂」がおすすめする今注目の作家たちです。

 

また、会場では、参加作家の本を販売する「にゃんこ堂水道橋店」が期間限定でオープンするほか、本展のためにセレクトしたかわいい猫の雑貨販売も行います。

 

オフィシャルの情報はこちらより、ご覧ください。

「ねこ画展」〜ねこ画から生まれた愛おしい世界〜 | Gallery AaMo | 東京ドームシティ

 

ねこ画展レポート

 

それでは、ねこ画展のレポートをまとめていきましょう。今回このようにがっつりとねこ画展の情報をまとめられるのは、なんとほとんどの作品が写真撮影が可能なんです!一部の作品は撮影不可でしたが、ホントに一部分。概ね撮影OK!

 

そのためこんな風に大好きなねこまきさんの画を接写!

f:id:toraneko-design:20180603183710j:plain

 

f:id:toraneko-design:20180603183757j:plain

f:id:toraneko-design:20180603183731j:plain

f:id:toraneko-design:20180603183736j:plain

なんてことも可能です!水彩のタッチと鉛筆のかすれ具合がたまらん!

そんなわけでたくさんたくさん撮らせていただきました。

 

入場にあたって

ねこ画展の入場にあたっては珍しいキャンペーンをやっていたので利用させてもらいました。キャンペーンの概要は下記の通りなのです。

 

猫にちなんだ割引キャンペーンを実施

・期間中、名前に「猫」の文字が入ったお客様は、当日入館料が無料になるほか同伴者は200円引きになります。

・期間中、名前が"ね"から始まり"こ"で終わる方や、"ねこ"と続く名前のお客様は、当日入館料が200円引きになります。(例:ねづよしこ、かねこ など)

・5月21日(月)~6月17日(日)までは"ねこ舌"の方、6月18日(月)~7月8日(日)までは"ねこまんまを食べてきた方"(いずれも自己申告した方のみ)はそれぞれ「ねこ舌割」、「ねこまんま割」として当日入館料が200円引きになります。

※お名前に「猫」の文字が入ったお客様は、お名前を確認できる証明書をご持参ください。

※Gallery AaMoチケットカウンターで当日券購入時のみ割引、他の割引・サービスの併用不可

 

参照: 

「ねこ画展」〜ねこ画から生まれた愛おしい世界〜 | Gallery AaMo | 東京ドームシティ

 

僕らはこの「ねこ舌割」を使いました。猫舌ゆえ、コーヒーとか鍋のアツアツは厳しいです。そんなことを談笑しながらチケットを発行してもらいました。ちなみにチケットにもねこ舌割が記載されています。入館料が200円引きは嬉しいですね。

 

レポートスタート!

それでは展覧会のレポートをスタートします。自分たちが見た順路に従って一言コメントのような形式で進んでいきたいと思います。

 

f:id:toraneko-design:20180603185521j:plain

早速の「ねこまき」さんで入って早々、気分は最高潮!

 

f:id:toraneko-design:20180603184947j:plain

説明パネルも、ねこ!

 

f:id:toraneko-design:20180603185003j:plain

「まめねこ」から!ほのぼの〜!

 

f:id:toraneko-design:20180603185131j:plain

こんな顔で見てます。

 

f:id:toraneko-design:20180603185202j:plain

説明もていねい!「まめねこ」も買いたい。

 

f:id:toraneko-design:20180603185249j:plain

まめねこ〜!鉛筆で描いてるんだなあ〜!

 

f:id:toraneko-design:20180603185300j:plain

見せ方が素敵です。

 

f:id:toraneko-design:20180603185351j:plain

きちんと登場ワンニャンが可愛く見える。

 

f:id:toraneko-design:20180603185338j:plain

こんな風に撮りたくなること必死!

 

 

f:id:toraneko-design:20180603185308j:plain

こんな画をかけたらいいなあ〜。

 

 

f:id:toraneko-design:20180603185428j:plain

「トラとミケ」ここでは名古屋のうまいものがたくさん!

 

f:id:toraneko-design:20180603185811j:plain

手羽先食ってたり。

 

f:id:toraneko-design:20180603185820j:plain

コーヒー飲んでる。

 

 

f:id:toraneko-design:20180603185825j:plain

「しもしも」言ってる。

 

f:id:toraneko-design:20180603185442j:plain

ねこねこ横丁、東京看板ねこ。このにゃんこ堂では自分たちにもゆかりの深い浅草のギャラリーエフさんが取り上げられています。すごい素敵なギャラリーなのでぜひ!

 

まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫 (ホーム社書籍扱コミックス)

まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫 (ホーム社書籍扱コミックス)

 

 

f:id:toraneko-design:20180603185503j:plain

食後にみんな毛づくろいしているシーンが好き!

 

f:id:toraneko-design:20180603185453j:plain

これを引きで見ると、、、

 

f:id:toraneko-design:20180603185457j:plain

立体で可愛い!

 

と、ここまでねこまきさんのブロックを書き終わった時点でまだまだ、先が長いことに気づいたので、今回は一旦ここまで。ちなみに自分たちも展示会でここまで観るのに何度もなんどもウロウロしながら見てたのでものすごい時間がかかりました(笑)じっくり見たい人はホント、平日がオススメですよ!穴があくほど見てもOK!

後編ではねこまきさん以外の作家さんの作品と展示会のイベントの紹介をしていきたいと思います〜!

 

とりあえず、まめねこは買お〜っと!

 

まめねこ あずきとだいず

まめねこ あずきとだいず

 

 

 

まめねこ2 ごはんだよ~

まめねこ2 ごはんだよ~

 

 

 

まめねこ3 こらっ! こらっ!

まめねこ3 こらっ! こらっ!

 

 

 

まめねこ4 ―豆之介でござる!

まめねこ4 ―豆之介でござる!

 

 

とりあえず4巻まで貼りましたが現在は8巻まで出てますよ〜!!!

では、続きは後編に!