デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

ついに日本にHAYの旗艦店がオープン!表参道のGYREで19年春までオープンだから北欧好きはチェックを忘れずに!

こんにちは、デザインねこです。北欧好きのインテリア好きとして外せない話題ですが、ついに北欧デンマークのインテリアブランド、HAYが表参道に旗艦店をオープンするとのこと。これまでも国内で手に入るショップやサイトなどはありましたが、今回のような店舗としてのオープンは初めて!

ということで、今回はまだあまり知らない方も多いかもしれないインテリアブランドHAYについてを紹介していきましょう。

 

HAYとは

f:id:toraneko-design:20181005055526j:plain

(画像引用:https://hay.dk/pt

 

まずはHAY(ヘイ)についての基本情報を抑えていきましょう。こちらはGoogle検索の「HAY」で検索して一番にヒットするサイトCONNECTにて説明されているものを引用させていただきました。

 

www.connect-d.com

 

「HAY(ヘイ)」は、Rolf Hay(ロルフ・ヘイ)氏と
アパレルグループの「Bestseller(ベストセラー)」によって2002年に設立され、
2003年のケルンフェアでデビューしたデンマークのインテリアプロダクトブランドです。

1950~60年代の素晴らしいデンマーク家具、モダンデザインを意識しながら、
現代のライフスタイルにマッチした機能性の高いデザインで
北欧のインテリアデザイン界をリードしています。

価値の高い製品を創るために、新しい素材や最新のテクノロジーを取り入れ、
高いスキルと才能を持った 国際的なデザイナーと共同製作を行い、
シンプルなデザイン、かつ丈夫で、素直で、楽しく便利である事を求めています。
ポップすぎず、渋すぎず、バランス感覚が良く、良心的な価格帯で注目の高いブランドです。

 

HAY(ヘイ)北欧インテリア 通販 | CONNECT

 

 

HAYのプロダクトの魅力

 

HAYのプロダクトには様々な魅力がありますが、ここでは3つに絞って紹介していきます。

 

1. 北欧ブランドらしいシンプルで洗練されたデザインと高い機能性 

先ほどの紹介文にも出てきましたがHAY1950年~1960年代のデンマーク家具、モダンデザインを大切にしながら、現代のライフスタイルにマッチするプロダクト。下記のアイテムを見ても分かる通りシンプルで綺麗なフォルム、洗練された印象を受けるカラーリングなど、デザイン性の高さが魅力的です。

 

f:id:toraneko-design:20181005065715j:plain

(定番のABOUT A CHAIRは流れるようなライン)

 

 

f:id:toraneko-design:20181005065753j:plain

(定番の重心が低めのABOUT A  LOUNGE CHAIR)

 

f:id:toraneko-design:20181005065919j:plain

 (リビングの定番、SOFAもおしゃれ)

 

f:id:toraneko-design:20181005070215j:plain

(個人的にSOFAはこれがいいなというMAGS SOFA)

 

このような綺麗なフォルムが特徴的。また上記で紹介したような家具は主張を抑えた色味が抑えられたカラーリングですが、小物などのアイテムでは鮮やかな色彩が施されていますが、HAYのプロダクトは鮮やかな中でも品のあるプロダクトデザインになっています。

 

f:id:toraneko-design:20181005070841j:plain

(絶妙な色のボトル)

 

f:id:toraneko-design:20181005070850j:plain

(鮮やかだけど安っぽさがないカラーリング)

 

f:id:toraneko-design:20181005070856j:plain

(ツールでまとまっても鮮やかながらも品が)

 

 

ちなみにこの50~60年代のデンマークで活躍していたデザイナーはこちらの記事

 

www.design-neko.tokyo

 

でも紹介したセブンチェアのデザイナー。アルネ・ヤコブセン。セブンチェアやアントチェア、スワンチェアなどが有名ですが、総じて

 

・シンプルかつ優美で普遍的なデザインとフォルム

・温もりを感じる色、質感

 

といったデザインに特徴があります。同じデンマークでHAYのルーツでもある時代のデンマークデザインとして共通するものが多いので一緒に見比べていっても楽しいですね。

 

 

ヤコブセンの人となりやデザイナーとしてのキャリアなどはここ

shop.livingmotif.com

 

 

ヤコブセンのデザインはTabroomで一覧で見れます

tabroom.jp

 

 

 

2. 幅広い商品群

f:id:toraneko-design:20181005092328j:plain

(HAYのインスタグラムページ)

 

HAYのフィールドはライフスタイル全般。家具だけでなく、雑貨やステーショナリー、カトラリー、日用品からテキスタイルまで日常使いのアイテムも豊富で気軽に取り入れやすいところも魅力の一つ。ラインナップはHAYサイトのカタログページのデジタルカタログでチェックできます。

 

f:id:toraneko-design:20181005092111j:plain

 

hay.dk

 

 

HAYのカタログは幅広い商品群を綺麗な写真で見ることができるので、インテリアやデザインの参考にもなります。ぜひチェック!

 

3. コストパフォーマンスもよい

f:id:toraneko-design:20181005092706j:plain

HAYの商品は、質やラインナップの良さと合わせてコスト面でも魅力的。もちろんIKEAのような低価格で買えるようなものではありませんが、北欧のブランドプロダクトとしては安く手に入れることができるのではないかと思います。

 

10月18日、表参道GYREにオープン

HAYのオープンは10月19日(金)。売り場面積は200坪を超え世界最大級の規模になるとのことです。これは楽しみですね。

 

gyre-omotesando.com

 

【店舗情報】
HAY TOKYO:ヘイトウキョウ
オープン期間:2018年10月19日(金)〜2019年夏
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
TEL:03-6427-9173(2018年10月19日より開通予定)
営業時間:11:00〜20:00 不定休

 

まとめ

今回は新しく10月に表参道に日本初の旗艦店をオープンする北欧のブランドHAYの紹介でした。北欧インテリアを好きな方はまず興味のわくデザインなのではないかと思います。家具はちょっと手が出ない人でも小物やステーショナリー類も充実しているので、まずは小さいものから導入することもできます。

 

amazonでも購入可能なのでチェックあれ!

 

 

それでは、今回はこのへんで。

 

※今回の画像はHAYのサイトより使用させていただきました。

hay.dk