デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

部屋の壁を黒板化するおしゃれなDIYは安く簡単に実現!実際に作ってみた!

こんにちは、デザインねこです。学生の頃のテスト前は

 

勉強の息抜き→部屋の掃除→部屋の模様替え→部屋はピカピカ!→テストで頭真っ白

 

という経験をたくさんしました。現実逃避の力は偉大ですね。テストが終わると、部屋が異常にキレイ。という学生あるある。

 

そんな経験もあり、インテリアとか模様替えが大好きなデザインねこです。


さて、今日は、今まで実際に家の中でアレやコレや試して実現した、賃貸にお住まいの方必見の、劇的お部屋改造術をお届けします。小さい子供がいらっしゃる方には特にオススメです‼️

 

 

現状復帰可で部屋の壁を黒板に

f:id:toraneko-design:20181004183442j:plain


よくカフェなんかに黒板風の壁がありますよね?壁一面が黒板になってるアレです。そう、メニューが書いてあったり、なんか英語がつらつらーっと書いてあるとおしゃれなアレですね。

 

 

f:id:toraneko-design:20181004183742j:plain

(※おしゃれなアレのイメージ) 

 

 

これを賃貸で実現します!といってもさすがに壁に直接塗料を塗るのは無理!マンション出る時の現状復帰代がすごいことになってしまいます。ということで、今回は壁にピッタリのサイズのベニヤの合板を買って、そちらに塗料を塗ることにしましょう。

 

 

 

まず材料をそろえます 


ベニヤの板は、近所のホームセンターなどで調達できます。厚いものはベニヤとはいえかなり重くなります。薄いものがオススメです。

 

 


今回は元々の部屋にダメージを与えないために壁に立てかけるようなイメージで使いますので壁面のサイズを測定しそれに併せてベニヤ板をカットしてもらいます。ちなみに大体のホームセンターではそこで購入した木材なら有料でカット可能です。

 


ウチは近所のSさんというホームセンターで購入しました。「スマホ」みたいな名前のホームセンターですね。こちらはベニヤ板のサイズや厚さも色々と揃ってて、カットも1カットから対応してくれるので助かりました。もし車がなくて運べないよーというかたは、軽トラックをレンタル可能です。Sさんではお借りできました。

 


続いて塗料

f:id:toraneko-design:20181004184728j:plain

こちらはチョークで書いて黒板消しで消えるような、まさしく学校で使っていたような黒板を作ります。黒板塗料はこちらを購入しました。

 

ターナー色彩 チョークボードペイント 黒 600ml

ターナー色彩 チョークボードペイント 黒 600ml

 

 

アサヒペン ペイントローラー 万能用ローラーバケ 180mm SR-7

アサヒペン ペイントローラー 万能用ローラーバケ 180mm SR-7

 

 
あとは、Sさんにてローラーの刷毛を購入。確か300円くらい。それとチョークと黒板消しも。板から塗料から全てを含めてもトータルでかかったコストは5000円もしなかったかと記憶しています。

 

 では、実践!


さて、買い物も終えていざ実践。いろいろ作業しやすいところを探してみたのですが、今回は一番立てかけやすいという理由で玄関で作業しました。

 

f:id:toraneko-design:20181004184750j:plain

さすがに、飛び散ったら困るので新聞紙を敷いて養生します。服もどうでもいい服に着替えましょう。塗料としては明らかに落としにくい部類のものです。どうせ終わったらシャワーでも浴びるので寝起きでやっています。

 

 

f:id:toraneko-design:20181004184843j:plain

塗り始めてみると思ったよりも粘度があり塗りやすい。

 

 

 

f:id:toraneko-design:20181004184930j:plain

塗り心地も滑らかで想像してたよりもムラができませんでした。一度でもオッケーみたいですが、強度を強くしたいので二度塗りしています。試し書きも問題ありませんでした。

作業としてはかなり易しい感じですね。特に大きなミスもなくあっという間に完了!

数時間で乾燥できます。(内部まできちんと乾燥するには数日かかるようですね)

 

 

f:id:toraneko-design:20181004185058j:plain

黒板の設置後は落書きしたり、メモを書き留めたりとなんだかんだで使い勝手もよいです。また、ある程度使って粉で白っぽくなっても濡れた布でふけばまたキレイになりますし、最終的に不要になればベニヤごと粗大ゴミに出すこともできます。僕の場合は分厚いベニヤを買ってしまったので大変そうですが、後に分解して捨てることも考えると薄いベニヤ板を使うのをおすすめします。 

 

 

まとめ

f:id:toraneko-design:20181004185627j:plain


昔からずっとやってみたいと思いながら、賃貸だから難しいだろうとあきらめていたこの改装、やってみると以外と予算もかからず作業自体も数時間で終わってしまうくらい簡単にできました。


小さいお子様の遊び道具にもなって、なおかつ大人のオシャレな空間演出にも活かせる黒板DIY。やってみたら簡単にできちゃうものです。ご興味もたれた方はぜひ試してみてくださいね!