デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

スマホでの写真スキャンに!Googleの便利なスキャンアプリをご紹介

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこです。(@toranekodesign)

どうやらちょっとまえから写ルンですが流行ってるみたいですね。アラフォーに突入!のデザインねこには馴染みが深い写ルンですですが、今の若い子たちにはあの独特の色味が人気のようです。僕らからみると懐かしい、ですが彼らにすると新しい、なんでしょうね。

さて、今回はそんな写ルンですが全盛だった僕ら30台中盤から上の「写真はフィルムで撮ってた世代」にオススメするアプリのご紹介です。

今回紹介するのはデジタル化されていないプリントの写真をスマホを使って簡単にスキャンするアプリ。これまでもCAM SCANERを中心に紙の書類のスキャンを中心としたアプリとして使ってきましたが、このフォトスキャンが写真のスキャンにうってつけだったのでこちらで紹介させていただきます。

Googleが提供する写真のスキャンアプリ「Photoscan」

f:id:toraneko-design:20171215153708j:plain

フォトスキャン

PhotoScanはデジタル化されていない写真をスマートフォンでスキャンしてデジタル化するアプリ。これまでも色々なスキャンアプリを試してみましたが、このアプリは手順も簡単で、操作がこれまでになくオリジナリティがあってスキャンするのが楽しくなる感じでした。写真をスキャンしてデジタル化するという点に関して見るとかなり使い勝手がよいです。

Photoscanの特徴

PhotoScanは以下のように「エッジの認識や傾きの補正、照明の反射などの除去」が特徴としてあげられます。これは後ほどの「使い方」の中でも紹介していますが、一枚のスキャンに対して異なる角度から撮影を行い一枚に合わせることで実現しています。

PhotoScanの特徴 ・エッジの認識 ・傾きの補正 ・グレア(照明などの反射)の除去

一枚のスキャンに対して、5回の撮影をすることになりますが、一枚に要する時間は数秒程度。時間的なロスはほとんど感じません。むしろ四隅をとっていくそのリズムが妙に心地よく、次々♩と撮影していけます。

Photoscanの使用方法

使用方法はいたって簡単。順を追って説明していきます。 今回は以前に行った東京蚤の市でもらったカードをスキャンしてみます。

f:id:toraneko-design:20171215154817j:plain

まずフォトスキャンを起動すると撮影モードになります。全体が入る状態でまずシャッターを切ります。

f:id:toraneko-design:20171215154842j:plain

続いて周りに四つの白い円が現れますのでその円に中央の円のマークを合わせて四隅をスキャンします。

f:id:toraneko-design:20171215154856j:plain

これにてスキャンが終了。スキャン後はIOS版であればカメラロールに保存されていきます。

まとめ

今回は写真のスキャンにオススメ!なアプリphotoScanの紹介でした。写真のスキャンに関していうと一押しのアプリでしは。またGooglePhotoが入っていればそちらと連携して自動で保存が可能になるそう。僕も学生時代までの写真はまだフィルムの写真なので、時間のあるときにデジタルに変換しておきたいと思います。デジタルにしてスマホに入れておくと、学生時代の友達と飲むとき盛り上がるんですよねー♩ それでは、本日はこの辺で。

f:id:toraneko-design:20171215154917j:plain