デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

iPad、iPhoneユーザーにオススメ。自宅で安くホームシアターを作る方法

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

今回は映画のお話。先日のおやすみは天気も悪かったのでNetflixやhuluなどで映画やドラマをみて過ごしました、がたまたま猫に惹かれてみた「猫弁」がとてもツボでした。

f:id:toraneko-design:20171206132730j:plain

ほっこりしながら伏線がしっかりとはられた推理ドラマで、見ていてあったかい気持ちになれるドラマです。意外とノンスタの石田が演技上手くてビックリ。

さて、そんな映画やドラマな休日でしたが、同じように家で映画やドラマをよく見る方にオススメな、手軽に作るホームシアターのご紹介。今回は、家に無線LANが飛んでいてiPadiphoneがある方を想定して記事を作っていきます。テーマは「なるべく安く!ホームシアターデス。では、よろしくお願いします。

ホームシアター構築に必要なもの

ホームシアター構築に必要なものは下記になります。映画やドラマを手軽に楽しむなら、なにかしらの視聴サービス(Netflixやhuluなど)は入っていた方がいいかもしれません。

(※ちなみに我が家ではiPadに有線でプロジェクタをつないだ状態だとNetflixは見れますが、huluは見れませんでした。ご注意ください。)

必要なものiPad または iphone またはパソコン * Tera® GM60A LCD ポータプル プロジェクター(プロジェクター) * Apple Lightning - Digital AVアダプタ(コネクタ) * HDMI端子

f:id:toraneko-design:20171206133248j:plain

f:id:toraneko-design:20171206133321j:plain

Apple Lightning - Digital AVアダプタ MD826AM/A

Apple Lightning - Digital AVアダプタ MD826AM/A

(※ちなみにパソコンを使用する場合で、HDMI端子を直接プロジェクターとつなげるときはコネクタは不要です。MACでは機種によってはHDMIケーブルとMACの接続用のアダプタが必要になるので下記のようなPatech Mini DisplayPort(MiniDP)to HDMI変換アダプタ端子をご用意くださいませ)

1万円とちょっとで買えるプロジェクター

プロジェクターといえば、昔は平気で4、5万円はする代物でしたが今はかなり安価になりました。今回紹介するGM60A LCDもアマゾンで1万円を切る価格で購入可能です。プロジェクターとしてはここまで安価ですが、映像の質や音質に特段こだわりがある方でなければ家で普段使いのホームシアターとして使うには申し分ないのではないかと思います。

特徴・メリット

輝度

本製品のLEDは800ルーメン。こちらの動画でも確認できますが、部屋が明るいところでは多少の見にくさがあります。しかし、夜間であればホームシアター用途に関しては十分な明るさで投射できます。

f:id:toraneko-design:20171206134148j:plain

手軽なサイズで大画面

本体はプロジェクターとしてはかなり小型ですが、公称しているサイズで130インチまでの大画面投射が可能です。ただ、大画面にすると投射のため距離が必要になるの一定のの部屋の広さが必要になります。下記の動画内ではスクリーンまで約2m程度の距離から投射して、画面の大きさは横幅170㎝くらいです。私は普段1.5mくらいの距離で見てますが違和感なくクッキリした映像で見れています。

f:id:toraneko-design:20171206134227j:plain

無線接続が可能

f:id:toraneko-design:20171206134509j:plain

無線を使用して、スマホタブレットとワイヤレスで接続することができます。ただしiPadを使って接続しNetflixやhuluと接続を試みましたが、上手く動作しませんでした。画面を投影して写真を見たりといったことは出来ましたが。他で試したことがないのでわかりませんが相性や組み合わせがあるのかもしれません。結局わが家では有線接続をしています。

無線の接続はこちらが参考になります。

zigsow.jp

ちなみに私はいろいろ試した結果、有線接続であればNetflixの視聴が可能だったので、ライトニングコネクタを使い下記のように繋いで使用しています。

f:id:toraneko-design:20171123211718j:plain

残念な点

台形補正

インターネットや説明書の商品説明を読むと、どの位置からでも15°以内なら台形補正できるのでは?と思うかもしれませんが、実際は縦方向の補正機能しか搭載していません。そのため投影する場所のほぼ正面にしか設置できません。縦方向の補正は15度あればかなり十分なので、設置する高さはあまり気にしなくて大丈夫ではないかと思います。

スピーカーの音質

本体にもスピーカーは搭載していますが、音質にはあまり良くありません。映画鑑賞にはお世辞にも向いているとは言えません。外部スピーカーなどを設置した方が使い勝手が良いのではないかと思いました。

わが家での接続方法

先ほどもご紹介しましたが、我が家では以下の写真のようにつないで主にNetflix、またはyoutubeの視聴に使っています。最近Nintendo Switchもデビューしました。普段はiPadですがをiphoneに差し替えることも可能です。

f:id:toraneko-design:20171206135005j:plain

さらにiPadiphoneではなくMacで接続するとhuluの視聴も可能でした。mac book proからであれば映画のDVDなども再生することができます(※ネット環境が揃っていれば無線接続もOK)。 この記事で紹介したipadまたはiphoneを使ったホームシアターの構築方法は、huluが使えないなどでいくらか制限のある組み合わせですが、コネクタとプロジェクター、コードを混みでも二万円もかからずにホームシアターを構築できます。

わが家での視聴方法

我がトラネコシアターでは、寝室の天井に向かって照射をして寝転びながら鑑賞しています。今年の夏にシングルベッド2つをくっつけた大きなベッドを購入したのでとても快適。画面も下記のようにクッキリ映り結構キレイですよ。

f:id:toraneko-design:20171206135623j:plain

f:id:toraneko-design:20171206135626j:plain

ちなみに先日買ったNintendo Switchも接続しましたが、夢のあるサイズでゲームができました!たまらん! f:id:toraneko-design:20171206140038j:plain

まとめ

今回は自宅で安くホームシアターを作る方法をご紹介しました。昔は夢のまた夢だったホームシアターも今ではかなり安く構築ができるようになりました。このホームシアターのおかげで週末のゆったりした時間が楽しみになりました。ご興味がある方は是非試してみてくださいね。それでは、また