デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

全てが一点ものの繊細で優美な硝子の芸術。Mellow Glassが欲しい。

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこです。(@toranekodesign)

今回は最近みつけた「ほしいもの」投稿です。 こんな風に書いてますが、実物にはお目にかかったことはありません。 しかしネットで見かけてただただ魅了されてしまいました。 それがこちら、「Mellow Glass

出典:http://mello.ws/

とても綺麗な作品たちですね。 惹き込まれてしまいます。 ということで今回は、この「Mellow Glass」をご紹介します。 といっても持っている情報はとっても少ないので、参照としてご紹介させていただく画像が中心になりますが。 それでは、Mellow Glassを見ていきましょう。

Mellow Glass

Mellow Glass(メロウグラス)はタナカユミさんという硝子作家によってつくられています。 柔らかくあたたかいガラス作品で、中に小さな気泡が見えますがこれは パート・ド・ヴェールという技法でで作った作品の特徴だそう。

パート・ド・ヴェール(フランス語: Pâte de verre, 英語: Paste of Glass Technique)はガラス工芸の一種。ガラスの粉末を型の中で熔融して成型するガラス工芸の技法の1つで、フランス語で「ガラスの練り粉」を意味する。 「パート」は本来焼き物用に練った土を指す言葉で、まず粘土やワックス等の素材で作品の原型となる塑像を作り、それをもとに耐火石膏などで鋳型を作って様々な色のガラスの粉に糊を加えて練ったもの(ヴェール)を詰め、そのまま窯の中で焼成して、冷えたあと鋳型から取り出し表面を研磨して仕上げるもので、陶磁器とガラス双方の長所を備えた中間的製法とされている。特徴として、鋳型に詰めるガラスの粉は、その目的に合わせて粒の細かさや色の種類・濃淡などを自由に調合でき、さらに細部まで自在に色を付けることができるため、吹きガラスでは作ることが出来ない極めて繊細で表現豊かな作品の制作が可能である。吹きガラスやトンボ玉などの「ホットワーク」と呼ばれる技法と違って、その造形過程で熱く溶けたガラスを扱わないため比較的安全に制作できるが、一方でその作業工程では、原型や鋳型作り、ガラス粉の詰め込みと焼成、研磨に至るまで、多くの手間と時間がかかり、微妙で繊細な技量が要求される。 参照:wikipedia

作品を作るたびに作った石膏型を割らなければならないので、同じ作品が2つとないというのも この硝子作品の儚い世界観とマッチしていますね。 さらに一つの作品が出来上がるまでには30日〜50日もの時間を要するそうです。

雨 シトシト… 時折ザーザーの朝 来週は ✈札幌 のあと静岡へ @Regrann from @village.mishima_rakujuen - ...出展者紹介 . Mellow Glass (ガラス) . http://mello.ws/ . 「日々硝子と向き合っています。 時がとまったような硝子の街をおとどけします。」 . . Village mishima rakujuen 2016年 7月 16日 17日 / 9:00~16:00 静岡県 三島市立公園楽寿園にて開催 . ものづくりを生業とする「まち」をつくります。 「まち」は顔の見える人々によってつくられ モノ・コト・ヒトが「まち」の営みを支えます。 私たちはそんな「まち」を V i l l a g e と名付けました。 . http://village-mishima.com . #villagemishimarakujuen #MellowGlass ... #Regrann

Mellow Glassさん(@mellowglas)が投稿した写真 -

Mellow Glassのインフォメーション

作品の購入は作品展や常設店にて手に取れます。 実際に目で見てふれていただきたいという想いから、現在WEB販売は行っていないとのこと。 作品展の情報はMellow Glassさんのfacebookページで確認できます。 現在の最新の情報では、2017/1/29~2/7に静岡 沼津のweekend booksにて「遠い声 遠い部屋」という展示会を開かれるそう。 こちらは、ぜひ行ってみたいです。 ちなみにHPはhttp://mello.ws/ Instgramはhttps://www.instagram.com/mellowglas/ になっています。

まとめ

さて、今回は、今一番気になる「Mellow Glass」のご紹介でした。 キレイなものを紹介するのでついつい一行あけてゆったりとした組みで書いてしまいました。(笑) 興味をお持ちの方はぜひ、見てみてくださいね。 そして今年はぜひ展示会、または常設展にいきたいと思います。 では、また。