デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

仕事中でも上司にバレずにこっそりイヤホンで音楽を聴く方法、しかも格安で!

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

f:id:toraneko-design:20171203044823j:plainこの記事は2016年9月に書いたのですが諸事情でリライトしたものになります。さて今回紹介するのは、ズバリ「仕事中でも上司にバレずにこっそりイヤホンで音楽を聴く方法、しかも格安で!」です。転職をしてから、会社の「音」問題に悩まされ続けてきましたが、その問題が解決するすばらしいアイテムです。有線のイヤホンだとさすがにバレるかと思いますので、やはり無線でBluetoothを使う方法をとりますよ。では、まずはBluetoothってなんぞ?ってとこからスタートです。

Bluetoothとは

Bluetoothとは?簡単にいうと「機器と機器を無線接続する機能」になるのですが、初心者の方にも分かりやすい説明がありましたのでそちらから引用させていただきます。

Bluetoothってどんなもの? 初心者にもよくわかる、便利な機能をご紹介!数年前からよく耳にするようになったBluetooth®(ブルートゥース)。スマートフォンの設定メニューなどで、この文字を目にしたことがある方も多いでしょう。Bluetoothとは、近距離無線通信の規格のひとつ。パソコンやスマートフォンといった情報機器やオーディオ機器などを無線で接続し、機器間で音声やデータをやり取りすることができます。聞いたことはあるけれど、実際に使ったことはない。そう思っている方も、もしかしたら知らず知らずのうちに使っているかもしれません。身近なところでは、ワイヤレスのマウスやキーボード、話題の自撮り棒やApple WatchBluetooth機能に対応しています。メリットは、なんといってもコードのストレスから解放されること。Bluetooth対応のイヤホンなら、バッグの中にスマートフォンを入れたままで音楽を聴くことができるので、コードが絡んでイライラ…なんてこともありません。スマートフォンに入っている音楽をワイヤレスでスピーカーから流すといった使い方も人気です。リモコンなどに使われる赤外線も同じ無線通信ですが、Bluetoothは10m以内であれば障害物があっても通信可能。さらに、国際標準規格なので、対応機器であれば各国のどのメーカー同士でもやり取りできます。対応機器には、比較的目立つところにBluetoothの文字が入っていることが多いです。

情報源: Bluetoothってどんなもの? 初心者にもよくわかる、便利な機能をご紹介! | Web音遊人(みゅーじん) - Yamaha Japan

さて、ということでまあざっくりBluetoothのこともわかりましたし、今回この記事を書くまでに至った会社の「音問題」をみてみましょう。

転職したら仕事中に音楽が聴けなくなったのがそもそもの始まり

f:id:toraneko-design:20171203043441j:plain

さて3年前、僕はデザインの制作会社から一般のメーカーのインハウスデザイナーに転職しました。転職して一番困ったのはそれまでイヤホンで聴けた音楽がいっさい聴けなくなったこと。そもそも前の会社では、オフィスにJ-WAVEが流れていたのですが(デザイン会社あるあるですね)、今の会社は無音。一番偉い上司がいるとみんな話さず無音。その上司がいない夜などは各々の会社や仕事への愚痴が聴けるという素晴らしい環境です。その愚痴は日に日に激化し、ただただ気分が悪い。さあ、困った。入社して一年半くらいはそれでもなんとかやっていましたが、やはり悩みのタネとして常に音問題はありました。そんなときにたまたまネットの記事でこの商品を見つけたのです。

超軽量・超小型タイプのワイヤレスイヤフォン

これは、bluetoothの無線接続で音楽が聴けるイヤホン。オシャレですね。持ち運びも簡単そう。充電も収納した感じもgood!そして何より小さいから耳にしていても見えなそう。Fデザイン賞も受賞しているそうです。これはいい!欲しい! しかし、問題は価格。約30000円。。。いいけど、高い。僕の小遣い無くなりますね。。。そこでふと思いました。「同じようなBluetoothイヤホンで安いやつないのかな?」と。 そして検索して出会ったのがコイツでした!

[amazonjs

なによりもビックリなのは価格!2000円を割っちゃうんです!(2017年11月時点)。今はさらに値下がりしてますね!1000円を切ってるものもありました!

スペックについてはamazonに仕様を日本語に直してさらに加筆してくれた方がいたのでそちらを転載させていただきました。

使い方 ボタン押下のみで以下の動作を行います。 A)ON/OFF ボタンを長押し(3秒)すると電源のON/OFFを行う事が出来ます。 音声ガイド「power on battery (high/low)」「power off」 機器接続時「device connected」 切断時「device disconnected B)ペアリング 1)ペアリング未設定時は通電時に、他機と再ペアリングを行う場合は、電源ON時にそのまま長押しを続けているとインジケーターが赤/青で点滅します。 音声ガイド「Ready to pair」 2)モバイル機器でS530を選択してペアリングを行って下さい。 音声ガイド 機器接続時「device connected」 切断時「device disconnected」 C)音楽プレイヤー コールボタンは音楽の再生/停止として機能します。 音声ガイドなし D)電話 1)電話着信時に再生中の音楽があれば停止し音声案内が流れます 音声ガイド「Incoming call」 2)ボタン押下でオフフックとなり通話が可能です。 3)ボタンの再押下でオンフックとなり通話が終了します。 音声ガイド「Call ended」 E)リダイヤル ボタンの2回押しでリダイヤルとして機能します。 音声ガイド「Last number redial」 F)言語切替 本機は英語,中国語の切替が可能です。 ペアリングモード以外の状態で通話ボタンを1秒押すと音声ガイドが流れ言語モードが切り替わります。 ボタンを再押下すると、言語が交互に切り替わります。 音声ガイド「English mode/中国模式」 G)充電 電源切断時に充電を行って下さい。充電器接続時に音声ガイドが流れます。 付属の標準の充電ケーブルをご使用下さい。 充電中は赤LEDが点灯します。充電完了時には消灯します。 音声ガイド「Charging Initiated」 H)セット内容 ヘッドセット(本機),マニュアル,充電ケーブル,パッケージ I)注意 本機は右耳用にデザインされています。 J)主な仕様 Bluetooth バージョン V4.0 通信範囲 10m 通話時間 4時間(音楽再生 3時間、待機時間120時間)

ある程度髪が長く耳が隠れる方であれば隠れると思います。短髪の方だと少し難しいかもしれませんね。使用に関して2、3時間は平気で使えます。だいたい僕は9時に出社→13時くらいにご飯の間に充電→14時から18時くらいまで、という感じで使ってますが問題なく使えてます。音質もいたって普通ですが、音漏れがするという意見もありますので気をつけましょう。まあ僕は上司にバレない前提で使ってるので音はいつもかなり控えめですね。でもこの価格であれば申し分ないです。ちなみに初代は洗濯して壊してしまい現在のもので二代目ですが、普通に使ってればなかなか壊れることもないかなと。(アマゾンのレビューは良くないという意見もありますが、、、)かれこれ1年以上使ってますが、上司にはバレることなく使えています。お試し感覚で買って使ってダメでもこの価格なら許せる気もしますし、この情報を見て気になった方はぜひ一度使ってみてもらいたいですね。

使用時の注意事項

実際に使用して感じた注意事項を記載します。

・使用時に、片耳がふさがるので装着する側には人がいないことを前提とする。 ・使用中に充電が切れると本体(パソコン)から音が出るので席をはずす場合はミュートにして席をはずす。 ・外で使用するときは使用後そのままポケットにいれておかない。(洗ってしまいます・・・) です。

以上は、バレないため、壊さないための注意事項ですが、基本的には自己責任で。僕はバレた時に最もらしい言い訳として「語学学習をしていた」と言えるようにspeed learningをitunesに入れています(笑)まあバレた時にも良好な関係でいれるように普段から上司とコミュニケーションとっておくのが一番いいでしょうね。 こちらのイヤホンで音楽を導入してから、無駄な雑音が気になりにくくなりましたし、全体的に集中力もアップしました。バレなきゃOK!で仕事が進めば結果OK!とまでは言いきりませんが、業務に支障が出ない範囲であればこうやって集中できる環境を自分なりに構築するのは大切な事だと”僕は”思います。(という理由で部下にもバレないようにすればこっそりイヤホンを使う許可を出してます。)くだらない愚痴ばっかり聞いてたらこちらもうんざりしちゃいますし。

仕事以外でも家事で動き回る主婦や、みんなが眠ってしまった車内のドライバーさんなんかにもいいと思います。気になったらぜひ使ってみてくださいね。