デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

転職サイトMIIDASで自分の市場価値を測って自信に繋げよう。

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

先日の記事(自分に自信がないデザイナーの対処法。外の世界に出て行こう。)に付け足す記事になりますが、今回は会社の外での自分のスキル、能力を年収を知ろうというお話です。これは要するに自分のスキルや能力に対する年収を図ってみようということですね。あくまでも指標ですが、自分がどれだけの市場価値があるのかを知るのは自信につながります。今回はMIIDASという転職サイトを使って調べていきましょう。無料で試せるのでぜひお時間ある方は試してみては!?それでは、あなたの値段how match!?

MIIDASとは

まず、今回使うMIIDASの紹介をしていきましょう。

MIIDASは、株式会社インテリジェンスが2015年にサービスを開始した転職サイト。求人数・質ともに優秀な転職サイトとして評価を得ています。サービスとしては転職希望者から企業にオファーすることはできず、求人企業側が転職希望者を探しオファーしてくるというスカウト型(従来の転職サイトとは逆方向型)の転職サイト。膨大なデータを元にオートマッチングが行われ、転職希望者にマッチした企業だけがサイトに表示される仕組みです。他の転職サイトにあるような全然関係も興味もない企業からのオファーはなく、スキルや希望、適正などにマッチングした企業のみが表示されます。また、オファーがくる企業は面接を確約できる企業なので、この時点で書類審査には通過しており求人者にとって余計な手間を省くことができます。 ポイントとしてまとめると

・たったの5分で、優良企業5,500社にあなたの経歴を公開できる。 ・登録完了後すぐに書類選考合格済みオファーが届く。 ・あなたの市場価値に見合った想定オファー年収がわかる。 ・希望条件に合致したオファーのみ通知するから快適。 ・7万人の転職事例を見ることができる。

参考:https://miidas.jp/

今回は上記のポイントの中で赤字になっている「あなたの市場価値に見合った想定オファー年収がわかる」という点に注目していきます。

市場価値の計測

このMIIDASの大きな特徴として自分の市場価値を測ることができるというものがあり、このデータからオートマッチングを行なっています。今回はこの市場価値を計測し、年収として算出することで自分の自信につなげていきます。

実際に計測する

それでは実際に登録していきます。登録に文章入力は一切不要。一問一答形式に答えていくだけ。求められているスキルや経験だけを質問するからとても効率的で、応募者のキャリアに応じて、質問項目が変わるのでムダな入力がなく効率的。MIIDASの質問に答える=採用担当者が知りたいポイントを答える、ということでこれによってあなたの価値を的確に伝えることが可能になります。

ステップとしては

MIIDAS

MIIDASのトップ画面の「登録して面接確約オファーを受け取る」をクリックします。

 

引き続いて

MIIDAS・年齢、性別などの基本的なプロフィールを入力

MIIDAS・学歴の入力

MIIDAS・職歴の入力(在職状況)

 

MIIDAS ・実務経験、ビジネススキル、資格やエクセルのスキル、英会話能力の有無など

といった項目を入力していきます。職種によって入力する項目が増えたりもします。例えばデザイナーの方は使用できるアプリケーションの入力などもあります。だいたい所要時間は10分未満でしょうか。以上のステップが完了すると

上記のように選考条件に合致した企業数と想定オファー年数、そして面接確約のオファー数が計測されます。さていくらでしょうか?※ちなみにこれは適当に入力した情報で算出された年収です。

実際に自分が入力して算出した年収は実際の年収より高かったです。まだまだイケるじゃん、俺!と思いましたが、いろいろサイトの情報を見るとMIIDASは若干高めの評価のようです。まあ一つの参考として見るにはいいかもしれません。なかなか他社からみた自分の値段ってわからないものですしね。

まとめ

さて、今回はMIIDASを使って自分の市場価値を測ってみました。ちなみにこのMIIDASは登録してデータを入力しておくと

MIIDAS

こんな風にオファーしている企業や、職務経歴書のリクエスト(まだ登録していないため)、興味のある企業などを見ることができます。この企業は実名で見ることができますよ。

こんな風に自分の市場価値を算出するのは自分の自信にに繋がるかと思います。興味がある方は是非お試しくださいませ。それでは、今回はこのへんで。