デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

新潟市から車で2時間!津南・六日町エリアのパワースポットをご紹介!〜竜ヶ窪編〜

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

夏休みが終わり早々に仕事のトラブル(?)というか人災に巻きこまれております。すぐに「できない」、「わからない」、「知らない」とぼやくないない尽くしの上司と仕事しています。。。こんなんでもマネージャーって。終わってんなマジで。おっと。

そんなわけでせっかく地元の新潟でリラックスして解消されたストレスが速攻充填されました(笑)

ということで、(どういうこと?)今回はそんな地元の新潟でストレスをすっかり洗い流してくれた素敵なポイントを紹介します。地元と言いつつ僕も今回初めて行ったんですけどね。

竜ヶ窪

竜ヶ窪

竜ヶ窪は苗場溶岩層とその下の魚沼層群との境からの湧水の一つ。1974年新潟県自然環境保全地域に指定され、現在まで地域住民の生活用水として大切に守られています。 植生も豊かでブナやスギで覆われた佇まいは神秘的。その佇まいと水にまつわるスポット故に数々の龍神伝説が残っています。

美味しい水質と豊富な湧水量から1985年から「日本名水百選」の一つに選定されています。

竜ヶ窪の魅力

竜ヶ窪の魅力をポイントに絞ってみました。

❶濁らない池の水

竜ヶ窪では毎分30トン、1日で約43000トンの水が湧き出ています。この量は1日で池の水が全て新しく入れ替わる量だそう。そのため水が常に濁ることがなく綺麗な水面をキープしています。この透明度の高さで水面が反射し周りの景色を写し取る風景はとてもフォトジェニック。

❷.日本の名水100選

先ほども書きましたが竜ヶ窪はその水質の良さで日本の名水100選に選ばれています。実際に水を組めるポイントもあり、そのまま口にすることもできます。この竜ヶ窪近辺には古くから河川がなく、湧水を生活用水として重宝してきました。そのため竜ヶ窪の水はこの地域にとってとても重要なものであり、竜ヶ窪自体も神聖な場所として扱われています。近辺の神社では毎年7月に祭礼が行われています。

❸.コンパクトにまとまっている

寺社仏閣などでは、駐車場からスポットまでのアプローチがとても長い場所が結構ありますが、この竜ヶ窪では駐車場から奥の神社まで歩いても大人の足で大体10〜15分程度。湧水が出ているところも駐車場から歩いて10分以内で到着できます。水を汲みに来る方は年配の方もいらっしゃるので、山道を長く歩かなくて良いこのアクセスの良さは魅力的なポイントです。

竜ヶ窪レポート

竜ヶ窪

それでは、8月14日に訪れた竜ヶ窪のレポートをしていきたいと思います。まずはアクセスですが、新潟方面からは越後川口ICで降りて国道線を1時間ほど南下すると到着します。途中にはコンビニもあり、またセイムスなどのドラッグストアなどもあるので移動中のといれなどもあまり困らないかな、と。

竜ヶ窪 竜ヶ窪

1時間ほどで竜ヶ窪の駐車場へ。35台ほど停められるみたいですね。おじさんがいるのでおじさんに払いました。

竜ヶ窪

料金はこの通り。普通車なので200円。

駐車場脇の道を降りて歩きます。

竜ヶ窪 竜ヶ窪

深いキレイな森が広がっています。マイナスイオーーン。

竜ヶ窪

少し歩くと、竜の形の蛇口があり。この日はここにロケ隊がおり、タンメンを食べさせてくれない芸人さんがいました。そいえば最近みませんね。

竜ヶ窪

湧水の通り道。この時点でものすごい水がキレイ。 五分ちょっと歩くと階段がありそれを登ると道は二手に分かれます。

竜ヶ窪 竜ヶ窪 まずは竜ヶ窪を見に右へ歩みを進めます。

竜ヶ窪

行った日は前日雨が降っていたのでぬかるみを覚悟してましたが、おがくず(木のチップ)が撒かれており、とても歩きやすい。

竜ヶ窪 竜ヶ窪 道の途中からの竜ヶ窪。否が応でもテンションがあがります。

竜ヶ窪 竜ヶ窪 竜ヶ窪 竜ヶ窪

途中で、水辺に行けるポイントが。ここで写真がキレイに撮れます。よく見る竜ヶ窪の写真はここからかな、と。

竜ヶ窪 竜ヶ窪

写真を堪能したらさらに奥へ。神社がありますのでお参りを。一通り写真を撮ってお参りしたら、また分岐点へ戻ります。次は水を汲みに。

竜ヶ窪 竜ヶ窪

先ほどの分岐を左へ

竜ヶ窪 竜ヶ窪

ちょっと行くともう水が見えます。こちらで水が汲めますね。 いただいてみると美味しい!そしてとてもひんやりしています。

上には神社もありましたが先ほどお参りしたので、ここはナシとしました 。

以上で竜ヶ窪のレポートは完了です。ゆっくり写真を撮れば一時間から一時間半くらい、ざっと見る感じでは30分から1時間くらいの所要時間になるでしょうか。コンパクトにまとまっているので、とても観光しやすいスポットかなと思います。

あ、そうそう注意点として、水を汲むのに空のペットボトルなどが必要になるかと思いますがこの空のペットボトルは入り口のところで2リットルサイズが200円で売っています。が、高いのでどこかでペットボトルを調達してくることをオススメします。

 

まとめ

今回は新潟の津南・六日町エリアのパワースポット「竜ヶ窪」のご紹介でした。水がとってもキレイで、静かで落ち着く本当に素敵なところです。また、タイミングによりますが水面に霧がかかるとさらに幻想的で神秘的になるそうです。

この竜ヶ窪、周辺にもさまざまな素敵なスポットがありますので、ぜひ一度訪れることをオススメします。では、今回はこのへんで。