デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

デザインができたらオリジナルの「提出用フォーマット」で見た目を整え、説得力を付加しよう

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

デザイナーのみなさんはデザインが出来たときどんな風に提出してますか?そのまま出力して提出していますか?何かひと工夫こらしていますか?今回は、わりと初級デザイナーさん向けの内容になりますが自分専用の「デザイン提出用フォーマットを作ろう」という内容になります。一つ自分のフォーマットを作っておくとなにかと便利です。

デザイン提出用フォーマットとは

デザイン提出用のフォーマットというのは、社内外に向けてデザインの提出をする際に使用するデザインをはめ込む枠組み、いわゆるテンプレートです。百聞は一見にしかずということで私が使っているフォーマットを見てみましょう。

format

これはとてもシンプルなフォーマットで、いろんなデザインの提出用に使っています。シンプルゆえに汎用性はとても高いです。ちなみにポートフォリオ用に作ったフォーマットもあります。

format

こちらは作品をより「作品らしく見せるように」ディレクターやデザイナー、カメラマンなどのクレジット表記があったり、全体のデザインの説明については主には前半の部分で説明する、ナンバリングを効果的に使用するなどの作りになっています。

format

フォーマットがあるとなんだか全体的にまとまりが見えますよね。コンペなどでは提出内容によって「ロゴ」「パンフレット」「ウェブサイト」といったように複数のサイズを提出する機会もあるので、このようなフォーマットがあるとそれらサイズ違いのデザインをまとめあげることが容易になります。このように提出にフォーマットを導入するメリットを下記にまとめてみました。

体裁が整うので見た目が良くなる

format

制作物のサイズは千差万別ですがフォーマットを作って当てはめると全体の体裁が整うので見た目がよくなります。例えばロゴのデザインとポスターのデザインではサイズも形状も大きく異なりますがフォーマットにはめ込むと一つの枠のなかに収まるのでちょっとテイストが違ったりしても全体的にまとまって見えるようになります。

「やった感」がでる

format

この「やった感」というのは前職の制作会社の時にとある営業の先輩が口癖のように言っていた内容になるのですが、この「やった感」というのは一言でいうと「手間をかけた感じ」というニュアンスになります。シンプルなデザインだったり、簡単にササッとやったようなものだと「もうちょっとやった感だしてくんない?」と言われたりしました。まあ、提案の現場を考えるとわかるんですけどね。ひと手間かけたり、ちょっとプラスアルファがあったりするとお客様も自分たちに対する「特別感」を感じますからね。とはいえ、ずっと「やった感やった感」言ってるその先輩には「こっちはやった感じじゃなくて、本当にやってんだバカヤロウ。」と思ってました(笑)。ちゃんとお客様に説明しやがれ。

フレームワークとして使うことで仕事の時短化を図れる

format

提出時のフォーマットが決まっているとデザインを作る→提案をフォーマットにはめる→提出という流れができます。また、この際に、デザインの説明用の資料やコンセプトをまとめるフォーマットがあればそちらも合わせて使用することでコンセプトや思考の流れなども簡単に説明することができます。

format

今回はサンプルとして昔、コンペの提案時にデザイン設計について説明する際の使っていたフォーマットを用意しました。このように提案時に決まったフレームに文章を入れるだけで、デザインについてを説明できる資料になるのでかなりの時短効果があります。昔はこういったものもコンペや提案ごとにフォーマットを作っていたのですが、無駄な時間をかけちゃってたなあとのちのち反省しました。こういったフォーマットは、自分が使い勝手の良いものを作っておいてトライアンドエラーでさらに使い勝手がいいものに育てていくことをオススメします。

まとめ

今回は初級のデザイナーにオススメ!なオリジナルの「提出用フォーマット」を作ろう!という記事でした。実際にたくさんデザインをして提案をしていくとこのような頼りになるフォーマットを作る=「時短に繋がる」ということを実感すると思います。もちろん最終的な提出物を支えるフォーマットなので「存在感を消しつつも提出物を綺麗に見せる」という役割があるので文字の使い方などの細部のクオリティも大事になります。このようなフォーマットデザインの参考はポートフォリオ関係の参考書や、デザイン集のようなものなどが参考になるかと思います。

ポートフォリオ・クリエイション (自分を売り込むプレゼンの成功例)

ポートフォリオ・クリエイション (自分を売り込むプレゼンの成功例)

展覧会のグラフィックデザイン

展覧会のグラフィックデザイン

伝える、広める、人を集める フライヤーのデザイン‐FLYER DESIGN TO ATTRACT PEOPLE

伝える、広める、人を集める フライヤーのデザイン‐FLYER DESIGN TO ATTRACT PEOPLE

こういった小さなことからコツコツと時短は実現していくかと思いますので、ぜひ自分なりのフォーマットをつくっていってみてくださいね。それでは今回はこのへんで。