デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

グラフィックデザインのレイアウトで「バランス」感覚を身につける5つの近道

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

どもども、トラネコデザインです。今回はいつも書こうとして途中で断念してしまうグラフィックデザインの「バランス」について書きたいと思います。若手のデザイナーさんは身に染みて感じていると思いますが、デザインのバランス感覚って難しいですよね。私もある程度のバランス感覚がつくまでは3年くらいかかったし、今でもバランスがしっくりこなくて時間をかけたりすることもあります。またこれまで教えてきた下の子たちも多分に漏れずバランスが上手くとれずに苦しんでいました。今回は、自分も悩んで苦しんできた中で見つけた「こうしておくといいかもよ」というアドバイスをご紹介したいと思います。

バランスはすぐには身につかない

早速ですが、バランス感覚は一朝一夕では身につきません。これをやれば劇的に良くなる!解決する!な〜んて都合のいいことはなく、たくさんの参考デザインを見て、手を動かして、分析して考えてやっと身についていくものです。着実に歩を進めていくしかないのですが、今回はこの記事がそのお手伝いになればと思います。

バランス感覚を身につける5つの近道

graphicdesign-balance

ここからはバランス感覚を身につけるために実践するとよい5つの近道を紹介します。これは自分が体感してきたこと、教えてきて感じたことをベースとしています。

先輩に手直ししてもらう前と手直ししてもらった後の前後で出力を出し確認する

graphicdesign-balance

デザインの、特にバランスの修正が入った際には出力を出して、修正前後のプリントを確認します。どこをどのように調整したら良くなったのか?先輩がポイントにしていたのはどこなのか?自分で赤字を入れて紙の上で確認します。この紙の上というのがキモで、ディスプレイより紙に出して修正前後の違いを手元で分析することによってリアルなバランスを見ることができます。そのためできるだけ等倍に近いサイズでプリントアウトをします。

またこの修正前後の出力を保管して分析していくことで、自分の苦手なところを確認することができます。例えばいつも同じようなバランスを正されていたら、そこを重点的に勉強すればよいわけです。このように自分の苦手なところを理解し意識するためにも修正前後で出力を保管していきます。

バランスを説明できるように考えながら組む

graphicdesign-balance

デザインをするときになぜこのバランスで組んだのかを説明できるようにします。細かなところ、それこそ要素と要素の距離まで説明できるように組んでみるのがポイント。なぜこれらの項目は揃っているのか?なぜこれだけスペースを空けたのか?改めて当たり前に組んでいたものを説明しながら組んでみるとそのデザインが組まれていく理由を再認識することができます。

バランス感覚が身についてくると、「なんだか説明できないけどこのバランスでレイアウトすると気持ちいいんだよなー」ということもでてきますが、そういったバランスもまず言葉にして説明できるかを考えてみるのが大切です。

レイアウトに関する知識を身につける

graphicdesign-balance

上の「バランスを説明できるようにする」と通じますが黄金比白銀比などバランスやレイアウトに関する知識があるとさらに説明をしやすくなります。この説明をできるように組むための拠り所として、そのような知識もたくさん取り入れ、実際に試して自分のモノにしていくことが大切です。

基礎的なレイアウトの勉強にはこれらの本がオススメ

[amazonjs asin="4844366629" locale="JP" title="レイアウトデザイン見本帳 レイアウトの意味と効果が学べるガイドブック"]

[amazonjs asin="4844361309" locale="JP" title="デザインのルール、レイアウトのセオリー。"]

 

バランスがよいと思うデザインをたくさんスクラップする

graphicdesign-balance

自分が見て「バランスがいいなー」と思うデザインをスクラップします。最近は昔と違ってスマホやスキャナーが充実しているので手頃にスクラップをできますよね。またpinterestのようなサービスもあるので参考にするデザインには事欠かないと思います。ポイントとしては、バランスのよい部分と全体図をスクラップすること。気になったバランスのよい部分は全体の中ではどのように作用をしていて、どのように見えるのかというのを見て認識しておきましょう。

例えば今回は、雑誌FUDGEから見てみます。下記のようなバランスが美しいとても参考になるパーツ(タイトルまわり)があります。FUDGEのデザインのバランスってホント絶妙でいいですよねえ。

graphicdesign-balance

さて、こういうときには併せて下記のように全体もスクラップします。

graphicdesign-balance

これは美しいパーツのデザインが全体の中ではどのように作用し見えているのかを再認識するために行います。若手のデザイナーさんによくあるのですが、全体の雰囲気を固める前にページ内の部分、部分から作り込んでしまいパーツに時間をかけすぎたあげく、後になって全体のバランスが上手くまとまらないという事態に陥りやすいデザイナーさんにオススメ。俯瞰でデザインを見る練習にもなります。

トレースしてみる

graphicdesign-balance

絵画でも練習の方法として確立されていますがですがデザインでも気になるものをトレースするのがオススメ。ここでのトレースは実際にデザインをイラストレーター上に配置して行う完全なコピーではなく、目視でバランスを見ながらトレースしていきます。(写真などは別にスキャンしてパーツにしておくと◯)イラストレーターでデザインするレイヤーの下にデータを置いての完全なコピーを目指すのとは違い、目視でバランスを近づけていくので手を動かしながら実際の距離感を身につけるていくことができます。 これは目も手も鍛えられるので、今回紹介した近道の中では一番のオススメの方法です。

大切なのは目と手と頭を使うこと

以上の5つが今回紹介する近道です。まとめると基本はこの3つ。

❶よく見る(観察する)

参考のデザイン、そして自分のデザインをよく見て観察する。

❷実際に手を動かす

実際にいろんなデザインを作ってみてバランスを体で覚える。

❸分析する

観察してみてどのように見えるか、実際に作ってみてどんな印象を受けるかを冷静に分析する。

大事なことはどれもおざなりにせず意識して取り組むこと。手を動かしているとそれだけで仕事をしているという充実感や頑張っている感じがして満足しがちですが、きちんと自分のつくったものを分析して反省し、次に繋げていきましょう。

まとめ

さて、今回はグラフィックデザインのバランスを身につける5つの近道として、自分の体験、部下に教えてきたことなどをベースに記事にしてみました。このバランスは何をどこまでやれば身につくというものではなく、上手くできないうちはホントしんどいんですが、バランス感覚がついてきたという実感がついてくるとデザインを見るのも作るのも今よりもっと楽しくなります。この記事が同じような悩みを持つデザイナーさんの助けになれば幸いです。 それでは、今回はこのへんで。