デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

ネガをスマホで読み取れば即現像可能!直接デジタルデータに変換できるFilmLab

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

最近、機会があってプリントしたフィルムをスマホに保存するために、この記事で紹介したフォトスキャンでスキャニングをしていたのですが、

気がついてみると昔撮ったネガフィルムって結構な量があるんですよね。私は世代的にも大学生ころまでフィルムカメラが活躍していたし、学生時代フィルムの一眼レフをよく使ってたのでそれは結構な量になるんです。でも捨てたくはないんですよね、昔の写真って時々みると楽しいし。でも、ネガで持ってても中身は見えないし、いちいち焼き増ししてたらキリもない。。。なんて考えてたまたま調べてみたら、ものすごい便利そうなアプリが今秋リリースされるとのこと。今回はネガフィルムを簡単にスキャンしてデジタル化できるアプリfilm Labをご紹介します。

フィルムをスキャンしてデジタル化できる Film Lab

まずはこの動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=o3HRMGifKLw

すごいですね!これはまさしく今回私が求めていたもの。このFilm Labならアプリ上でネガを現像出来ちゃうのでそのまま保存できるし、ネガの写真がデジタル化できればTOLOTなどのサービスで簡単にアルバムを作ったりもできます。

はじまりはクラウドファンディングサイト「kickstarter」から

Film Lab

このFilm Labは「Kickstarter」で資金を募るとすぐに話題になり、公開して5日で目標額を達成したそうです。kickstarterでお金を提供した方にはアーリーバージョンとして、夏ごろにリリースされているようですね。(ああ、自分もクラウドファンディングしとけばよかった、、、)

なにはともあれ、今秋リリースとのことなので、楽しみに待ちたいと思います。

↓リリースされたので使用してみた記事はコチラ! www.design-neko.tokyo

filmlabの対応フィルム

filmlabで対応するのは、35mmフィルム、(一般サイズのフィルム)中判カメラで使用する120mmフィルム、およびスライド(ポジフィルム)で、カラーネガ、白黒ネガ、カラースライドが現在わかっている限りで対応可能となっています。また、最終的には全フィルムが対応を計画しているとのこと。

Film Lab2

(35mmフィルムカラーネガフィルム)

Film Lab3

(35mmフィルムカラーポジフィルム)

Film Lab4

(35mm白黒フィルム)

一般的にフィルムは35mmのカラーネガ、ポジ、白黒ネガあたりだと思うので、これで一般家庭では十分に要件は足りそうです。上記の画像はiphone7でFilm Labを使ってデジタル化したデータになります。細部まできちんと現像されており、ちゃんと色もでていますね。(画像はこちらより参照)

ちなみに使用可能な機種はiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、9.7" iPad Proになります。

まとめ

今回はネガをフィルムを簡単にアプリでスキャンできるアプリFilm Labの紹介でした。これ、ほんとリリースが楽しみです!一眼レフで撮った風景写真などはネガとしては持ってるけど写真がプリントでは残ってない写真がけっこうあるので、手軽に現像化できるとホント助かります。今秋のリリースとのことなのでもうすぐですよね。楽しみに待っていようと思います。それでは今回はこのへんで。

[amazonjs asin="4774192600" locale="JP" title="フィルムカメラのはじめかた ~「知る・撮る・選ぶ」が、これ1冊でぜんぶわかる本"]