デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

使用スクリプトをショートカットで管理するSPAiでさらなる時短化を実現しよう

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

こんにちは、しばらく続いたスクリプト祭りもこの記事でおしまい。スクリプトについては今後は不定期でオススメのものがある際に追記していきたいなと思っています。 そんなわけで今回はこれまで紹介してきたスクリプトをさらに使いやすくするアプリケーションSPAiのご紹介です。Illustratorスクリプトを説明するサイトをみるとだいたいどこにでも書いてある定番のScriptKeyAiのバージョンアップ版。こちらの使い方もとても簡単なのでさっと覚えてスクリプトと併せて作業を時短化していきましょう。

SPAiとは

f:id:toraneko-design:20171208101752j:plain スクリプトを使い始めるとわかることなのですが、Illustratorスクリプトにはショートカットキーの割り当てができません。そこでこのSPAi(Script Panel for Illustratorの出番。このSPAiはIllustratorとは独立したアプリケーションですが、スクリプトのショートカットキーを登録しておくことで、Illustratorが最前面にある時のみスクリプトを登録したショートカットキーで動かすことができます。

SPAiの使い方

SPAiを使う手順は簡単。一般的なアプリと同様の手順です。まずこちらからダウンロード。

http://hatenablog.com/embed?url=http://tama-san.com/spai/

ダウンロード後は通常のアプリと同様にアプリケーションフォルダへ。

スクリプトの追加

f:id:toraneko-design:20171208102030j:plain

起動しスクリプトパネルを表示させます。(スクリプトパネルはIllustratorスクリプトパネルと似ていますが別物です。連携などはできません。)

f:id:toraneko-design:20171208102047j:plain

表示されるスクリプトIllustratorの中のスクリプトフォルダに入っているスクリプト。ここに追加するにはこちらの記事でも書いてあるとおり

design-neko.hatenablog.com

この「スクリプト」フォルダにjsのデータをドラッグ&ドロップするだけ。

f:id:toraneko-design:20171208102209j:plain

スクリプトドラッグ&ドロップすることでで新しくスクリプトウィンドウに追加されます。

ショートカットの作成

f:id:toraneko-design:20171208102242j:plain

続いてショートカットキーを割り振っていきます。スクリプトパネルの右上のアイコンをクリックしパネルメニューを表示、「ショートカット設定」をクリック。

f:id:toraneko-design:20171208102401j:plain このようなショートカットパネルが表示されるので呼び出す時に使用したいショートカットキーを割り振ります。

f:id:toraneko-design:20171208102420j:plain 左側にスクリプト名があるので中央の項目をクリックして右にショートカットを入力すればOK!これでショートカットキーの入力でスクリプトを呼び出すことができるようになります。ちなみにSPAiのショートカットとIllustratorのショートカットが競合した場合、SPAiのショートカットの方が優先されます。ちなみにショートカットの割付が面倒!という方は下記のように一覧で表示したスクリプトをダブルクリックすることでスクリプトを使用することもできますよ。

f:id:toraneko-design:20171208102505j:plain

まとめ

今回はスクリプトをショートカットや一覧表示で簡単に使えるようになるSPAiの紹介でした。これはもともとScriptKeyAiというアプリケーションがバージョンアップしたものなのでそれを知っている方にはとっつきやすいアプリになるかと思います。

ScriptKeyAi – for Illustraor (※scriptkey Aiのサイト)

イラストレーターのスクリプトは、知っていれば必ず作業の時短ができる作業が出てくるので知っていて損はない知識、技術だと思います。興味をもった方はぜひまず自分で使って体感してみてください。それでは、今回はこのへんで。