デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

インテリア好きトラネコ社員的お勧めのキッチンウェアご紹介

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

昨日はまだ秋の名残が残るあたたかさでしたが、もうすぐ12月。季節はすっかり冬ですね。我が家でもすっかりアイスコーヒーからホットコーヒーへと切り替わり、ホットコーヒー用のアイテがキッチンに並んでいます。我がやでは、そんなに本格的に味がわかるわけではないのですが、家でゆっくりするときはコーヒーをよく飲むので、自分たちがいいなあと思ったもので淹れたり、好きな柄やブランドのカップを使っています。正直もっと欲しいカップもたくさんあるんですが、、、コップとかカップって気がつくと使わないものが溜まってますから我慢ですね。あとは旅行などで出かけた先ではその先々で気に入ったものを一つだけゲットしてきています。やっぱり好きなもの囲まれた生活っていいですからね。 そんなわけで今回はトラネコデザインで使っているコーヒーまわり、ついでにキッチンまわりのアイテムを紹介します。最近すっかりデザインやアプリ、ビジネス絡みの話が多かったのでちょっと気分も変わっていいですね。それではいってみましょう。

f:id:toraneko-design:20171130154904j:plain

トラネコ社員がキッチンウェアにハマったきっかけ

トラネコ社員がキッチンウェアにハマったきっかけはわりと単純で、コーヒー自体が好きだったことと、インテリア的にもオシャレというなんとも単純な理由です。まあ、やっぱりいいものはかっこいいですよね。特に後でもご紹介するケメックスなんて理科の実験で使う実験器具みたいな無骨さが男心をくすぐります。

CHEMEX コーヒーメーカー 3カップ CM-1 【正規輸入品】

CHEMEX コーヒーメーカー 3カップ CM-1 【正規輸入品】

僕が買った当時から雑誌でもよく見ましたが、コーヒーブームの流れの中で使っている店も増えて、よりよく見るようになりました。こんな風にコーヒー関係のアイテムってオシャレなのでインテリアと相性がいいんですよね。トラネコ社員はインテリアに興味を持っているので、わりと自然にコーヒーまわりのアイテムに興味を持っていきました。その後2011年にスウェーデンフィンランドに旅行をした際にキッチンウェアを購入したことをきっかけに気に入ったものを少しづつ買い集めるようになりました。 やっぱり自分が好きなものをつかっていると気分がいいですよね。そういう風に考えると、まあただの自己満足以外のなにものでもないのですが。毎日のちょっとした時間とはいえ、それだけで少しでもいい気分になれたら、、、いいですよね。そんな流れでトラネコデザインで、キッチンウェア(コーヒーウェア)にハマっていきました。とはいえ、高いものは高いので少しづつ、着々と買い集めて今はかなりの精鋭ぞろい(?)になりました。次は引き続き我が家で活躍するキッチンウェアをご紹介します。

トラネコデザインのキッチンウェアたち

[f:id:toraneko-design:20171130155100j:plainf:id:toraneko-design:20171130155107j:plainf:id:toraneko-design:20171130155104j:plainf:id:toraneko-design:20171130155103j:plain

トラネコデザインでは、こんな感じのキッチンウェアを使っています。旅先で買ったもの、ネットで買ったもの、店舗で買ったもの、贈り物でもらったものといろいろ。マリメッコフィンランド)やロールストランド(スウェーデン)、グスタフスベリ(スウェーデン)など北欧系も好きですが、フィエスタ(アメリカ)、ストウブ(フランス)、ル・クルーゼ(フランス)など欲しいもので集めているので、特に国や地方へのこだわりはありません。色がきれい、形がステキ、柄がいい感じなど、どこかしら気に入っていて思い入れのあるものたちです。次はそれぞれの商品をご紹介します。

それぞれのキッチンウェア

ケメックス

CHEMEX コーヒーメーカー 6カップ

CHEMEX コーヒーメーカー 6カップ

理科の実験器具のような特徴的なフォルムのコーヒーメーカー。見た目がもうたまらない。置いておくだけで絵になりますね。オシャレなインテリア誌でもよく見かけますね。オトコ子分も憧れの末にもう3年位前に購入し、トラネコデザインのダイニングにもあります。淹れ方はシンプルゆえに奥が深く、、、多分僕はまだまだそのスペックを引き出し切れていないと思われます。一度コーヒー教室に行って勉強したいですね。デザイン性の高さと、シンプルだけど奥が深い機能性に惹かれます。しばらくインテリア化していましたが今年はまた挑戦します!

ベルサ(グスタフスベリ)

※これです

スウェーデンに旅行に行った時に、現地で購入し、機内に大事に持ち込んで帰ってきました。日本で手に入れようとすると2倍〜3倍くらいの値段になるようです。持った時の重みが心地よい一皿でスクエア型で大きさもちょうどいい感じ。我が家でもお気に入りの一枚です。

フィエス

友人に結婚祝いでいただいたお皿。フィエスタというアメリカの食器で発色がよく、カラフルで綺麗な色味のお皿。スミソニアン博物館にも所蔵されており、あのアンディウォーホルも大のコレクターだったというキッチンウェアです。カラーバリエーションが豊富で目にも楽しいお皿ですよ。

モナミ(ロールストランド)

青い花柄が美しいティーカップ。500mlと大容量が入るので、トラネコデザインではカフェオレを飲む時によく使います。青の濃淡がとても綺麗で、花柄なのに甘くなりすぎない佇まいがステキです。ちなみにモナミの意味などは下記の情報を参考ください。

「Mon Amie」とはフランス語で「恋人、友達」という意味。 花のひとつひとつに青の濃淡で奥行きも感じられるデザインと 鮮やかなブルーの花模様のシンプルなパターンは、多くのファンに愛され根強い人気を誇っています。 今回の復刻版ではモナミのシンボルである花柄も当時のものに近い大きさと密度でデザインされました。 そんな復刻版モナミを詳しくご紹介します。

情報源: 「恋人」という意味を持つ素敵な食器。ロールストランドの“モナミ” | キナリノ

マリメッコ

マリメッコですがわりとお手頃に買えるマグです。普段使いにちょうどいいのでトラネコでは4つ購入しています。カジュアル加減も値段もちょうどいいですね。このシリーズも気になってます。マリメッコは本場のフィンランドに行くと当たり前のようにそこらかしこで見ることができてびっくりしました(レストランのテーブルクロス、スーパーでのキッチンペーパー、郵便局で売ってるBOXのデザインなど)。こういうデザインが当たり前に使われているところってなんかとてもいいなあと思った覚えがあります。

その他のお勧め

ストウブ、ルクルーゼをはじめ、ドイツに旅行に行った時に買ったもの、東京ジャンクショーで買ったオールドパイレックスなどなど。どれもこれもお気に入りのアイテムです。もちろんこれ以外も和食器もありますが、メインはここらへんですね。

まとめ

今回は、トラネコデザインで使っているコーヒー、キッチンウェアのご紹介でした。普段使いのものですがそういったものに自分のこだわりや好きなものを取り入れられると毎日がちょっと楽しくなりますね。まだまだ欲しいものもけっこうあるのでまたそれも記事にしたいと思います。では、明日からまた一週間頑張りましょう!!!