デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

マックの隠れた機能を開放せよ。ターミナルをいじらずにマックの設定を便利に変更する「Tinker tool」

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

f:id:toraneko-design:20171130223117j:plain

今回はマックの設定を便利にしてより使い勝手をよくするアプリケーションのご紹介。具体的な内容としてはプログラミングに詳しくないと使えないで黒い画面のアプリケーション「ターミナル」をいじらないと変更できないマックの高度な設定を変更する「Tinker Tool」のご紹介です。


f:id:toraneko-design:20171130223208j:plain

(ちなみにこれがターミナル=黒い画面)


Tinker tool

今回はターミナルについてはふれませんが、簡単に説明するとプログラマーの方が呪文のような文字列を入力して、なんかいろいろすごい事をやってるアレです。そう、僕らノンプログラマーから見たら黒魔術みたいなアレです。

さきほど紹介した「Tinker tool」はマックOSXで現在、通常の状態では隠されている機能を簡単に使えるようにするアプリケーション。本来はターミナル(黒い画面)を使って機能を使用できるようにする機能なのですが、これらは開発バージョンでは公開されていたけど通常では設定できない機能だそうで、、、。マックはただでさえ複雑なんで、何でもかんでもユーザーが簡単に変更できるとユーザビリティが悪くなっちゃうってことなんですかね。まあ、ともかくほんとに簡単に設定できますのでぜひ隠れた機能を解放してみてください。

(解放のイメージ)

ちなみに解放しまちがえても「リセット」でもとの状態に戻せるので安心です。ターミナルで変更するつに入力ミスの可能性有るので失敗のリスクが伴いますが、Tinkertoolならすぐに戻せて安心。心置きなくいじれますね!

オススメの変更点

このTinkertool、細かいところでけっこう色々変更をできますので、わたしが行っているオススメの設定をご紹介します。

f:id:toraneko-design:20171130223256j:plain

「Finder」では、他のアプリと同様に「⌘Q」によるFinder終了・再起動を可能にしています。というのも、時々パソコンに負荷がかかるとFinderがくるくる回って動かなくなっちゃうんですよね。ということで、定期的に落として再起動しています。

基本的にここの設定は以上のみですが、「効果音を無効にする」や「隠されたファイルを表示したりする」など細かくいろいろ設定できます。

f:id:toraneko-design:20171130223517j:plain

「DOCK」では「最近使った項目のスタックを追加する」をチェックしています。ここをチェックすると最近使った項目がDOCKに現れます。わたしもここをチェックしています。ちなみにマックのメモリの使用を抑えたい時はここでのアニメーション関係をOFFにしておくといいようです。

f:id:toraneko-design:20171130223544j:plain

「一般」では、スクリーンショットファイルの形式を変更しています。デフォルトだとpngですね。私はjpeg形式にしています。また、陰影は基本はつけていますが、必要に応じて外しています。保存先のフォルダも設定しておけばデスクトップが散らかりません。 その他にもキーボードの設定やアプリケーションの機能などもいじれますが、私の場合は基本はそのまま。

f:id:toraneko-design:20171130223630j:plain

「デスクトップ」は特に変更点がないのでデフォルトのまま。

f:id:toraneko-design:20171130223702j:plain

「アプリケーション」はQuick Lookの項目をチェックしています。ワードやエクセル、PDFのデータなどはQuick Lookで開いてテキストをコピー、をよくするので。その他にも連絡先、ディスクユーティリティ、Mission Controlなどなどいろんなアプリケーションの設定をできます。

f:id:toraneko-design:20171130223731j:plain

「フォント」はとくにいじっていません。個人的にそこまではいいかな、という感じです。「Safari」「iTunes」「QuickTime」などは特に使わないからよしっ!

f:id:toraneko-design:20171130223757j:plain

「リセット」では必要に応じてTinkertoolを「以前の状態に戻したり」「標準に戻したり」できます。

まとめ

今回は、ターミナルを使わずにマックの隠れた機能を設定できる「Tinkertool」のご紹介でした。私は以前、Quick Lookでコピーできるようにターミナルを使って設定をしたことがあるのですが不慣れなため「コレ、実際に設定できてんのかな???」と思ったことがありました。それに対し、このTinkertoolは使ってみると分かりますが設定がとても簡単です。マックユーザーでちょっと突っ込んだ設定をいじってみたいなという方はぜひダウンロードして試してみてくださいね。