デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

まるでインターネットのタイムマシーン!昔のサイトを閲覧できるサービスを紹介!

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。 

先日、すごい久しぶりに前の会社の、前の前の社長が運用していた社長ブログを見ました。もう更新されなくなって7、8年経つんですけど今でも見れるんですよ。たいした更新頻度でもなかったんですが、見てるといろいろ懐かしくて面白い。昔の写真や言葉って不思議と引きつけられますよね。引越しや部屋の掃除のとき手が止まるのはホントよくわかります。

ささて、そんなわけで、今回は懐かしい思いに浸れる(かもしれない)昔のウェブサイトを閲覧できるサービスを紹介いたします。けっこうおもしろくてついつい色んなサイトを見ちゃいます。では、参りましょう。

Internet Archive: Wayback Machine

f:id:toraneko-design:20171201013338j:plain

このサイト「Internet Archive: Wayback Machine」は非営利法人インターネットアーカイブが保存している昔のウェブサイトを閲覧できるサービスです。まあ、簡単に言うと昔のサイトをそのときのまま見れるというもの。まるでウェブサイトのタイムマシーンですね。

ここからはサービスの説明や概要になります。インターネットアーカイブはデジタル形式で保存された歴史資料を、全世界の人々が将来にわたって利用できるようインターネット上に図書館を作るためにこのようなサイトは展開しているとのこと。当初、インターネットアーカイブはウェブ情報の保存に力を入れていましたが、現在は、電子書籍や動画、音源などの保存にも取り組んでいるようです。サイトをひらいたら下にスクロールしてみてください。確認できます。 2012年の段階で保存のための容量が100万ギガバイトという途方もないものになったようです。なんだか壮大すぎて、もう。

サービスの使い方

使い方はとても簡単。サイトを開いて閲覧したいサイトのURLを入力します。今回は紹介にyahoo.co.jpを見てみます

f:id:toraneko-design:20171201013429p:plain

さらに時を戻したい時間を選びましょう。青いマークがあるところが選べます。この青いマークのタイミングでアーカイブをとってたということなんですね。丸が大きいのは1日に複数回アーカイブをとっているところみたいです。大きいサイトはたくさんアーカイブを抑えているんですね。
時を超えるウェブサイト。(←言いたいだけ)

以上で、選んだ時点のウェブサイトが表示されます。とっても簡単ですね。もちろんリンク構造も生きているので他のページに遷移も可能。ホントに昔に戻ったような錯覚すらあります。アーカイブの関係で画像が表示されないページもありますが。いや〜、コレはホントに楽しい〜。 せっかくなので、ものは試しにGoogleの昔のページから順に開いてみました。

f:id:toraneko-design:20171201013636j:plain

(1998年)

  f:id:toraneko-design:20171201013913j:plain

(2004年)

 

f:id:toraneko-design:20171201014010j:plain f:id:toraneko-design:20171201013728j:plain

(2010年)

  f:id:toraneko-design:20171201014036j:plain

(2016年)

 

こんな風に少しずつ変化してきたんですね。あー、そういえばGoogleってロゴ変わりましたね。そうだそうだ。

まとめ

今回は時をかけるウェブサイト、Internet Archive: Wayback Machineの紹介でした。ウェブサイトって、普段通る街並みと同じで変わってしまってもすぐに慣れちゃうんですよね。だから、こんな風に昔のサイトをを見れると「あー、そうだこんなだったなあ」とか思って懐かしくなれます。特にインターネットの技術は変化も早いですから、たまにはこんな風に過ぎた時間に想いを馳せるのもいいのではないかと思いました。それでは、また!