デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

スクリーンショットを撮るだけでPinterestに自動でアップされる!デザインの参考になるボードを簡単に作れる方法【前編】

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

f:id:toraneko-design:20171201032550j:plain

さて、今回はページもののデザインの参考に便利な、dマガジンなどの雑誌閲覧サービスのスクリーンショットを手軽にかつ、スピーディーにpinterestにアップロードしていく方法をご紹介します。この方法を使えばスクリーンショットを撮るだけでpinterestに自動でアップロードされていきます。もちろんスクリーンショットがアップされていくので、dマガジンなどのサービス以外にも使えます。(※今回dマガジンを例に出したのは手軽な価格でさまざまな雑誌レイアウトを見れるため。実際のピンタレストへのアップロードは個人で楽しむためのプライベートボードを使用することをオススメします。) 設定は簡単ですが、いくつかのアプリを横断して設定する必要があるので説明が若干長くなります。そのためこの記事は2回に分けてご紹介していきますね。

具体的には、dマガジンのスクリーンショットを撮る→保存されるスクリーンショットがドロップボックスのフォルダへ(TinkerTool)→ドロップボックスからピンタレストへ自動でアップされる(IFTTT)という流れになります。※カッコの中の下線の名前は使用するアプリの名前です。 TinkerToolは、前回記事でも紹介しているのでOKとして、

design-neko.hatenablog.com

IFTTTってなによ?という方もいるかと思いますので、順を追ってご紹介していきます。 2回分をまるっと読むと、この「スクリーンショットを撮るだけでpinterestに自動でアップロードする方法」の流れがわかります。では、参ります。

ステップ

第1回:dマガジンからキャプチャ、ドロップボックスの設定まで

・dマガジンとは? ・dマガジンをキャプチャする ・ドロップボックスの設定 ・TinkerToolの設定

第2回:IFTTTの設定でpinterestへの登録

・IFTTTとは? ・IFTTTのレシピを作り自動化 ・1から3回までの全ての流れを実行

という内容でご紹介します。

dマガジンとは? dマガジンをキャプチャする

f:id:toraneko-design:20171201031626p:plain

dマガジンは、月額400円(税別)で160誌以上の雑誌が読めるアプリ。Android版、iOS版の両方がリリースされています。対象の雑誌はなんと160誌以上という圧倒的なボリュームで、最新号だけじゃなくて過去のバックナンバーも数冊前くらいまでは読めるものが多いようです。個人的にはdマガジンはCasa BRUTUSや、FUDGE、FIGALOなどなど個人的にも好きな内容やデザインの雑誌を取り扱っているところがポイントが高い。ちなみにコチラが参加雑誌の一覧 dマガジンのキャプチャーは標準の機能で「クリッピング」という単一のページをdマガジンのデータ上に保存しておくサービスがあるのですが、保存ができても100ページ程度。また今回の一番の目的はpinterestに連動させるということなので、気になったページはスクリーンショットで保存していきます。(ショートカットでは⌘+SHIFT+4) ちなみに初期設定では、スクリーンショットを撮るとPNG形式でデスクトップに保存されるのではないかと思いますがこれを前回のブログで紹介したTinkerToolでjpegに設定しなおします。とその前に、ドロップボックスを設定しておきましょう。

ドロップボックスの設定

f:id:toraneko-design:20171201031748j:plain

さて、dropboxの設定をすましておきましょう。かなり有名なツールなので、ご存知という前提で話をさせていただきます。ちなみに初めて聞いたよ!って方はコチラ(初心者向け【無料版Dropbox導入ガイド】)をご覧下さい。

f:id:toraneko-design:20171201031839j:plain

まずは右上のアカウント情報の中のインストールをクリックしてDROPBOXアプリをダウンロードします。

f:id:toraneko-design:20171201031907j:plain

ダウンロードして起動するとディスプレイの右上にdropboxアイコンが表示されるのでクリック→右下の設定アイコンをクリック→基本設定をクリックします。

f:id:toraneko-design:20171201031934j:plain

さらに「アカウント」を開いてDropboxの場所:を確認します。初期設定ではホームの中になるのではないかと思います。この保存場所をしっかりと覚えておいてください。これで、Dropboxの設定は完了です。

Tinker Toolの設定

以前にご紹介したTinker toolを起動します。細かい説明は前回に完了しているので省略させていただいて、今回変更するのは「一般」のタブの中の「スクリーンショット」の項目の「保存先フォルダ」を「カスタムフォルダ」に設定し、先ほどのDropboxの保存場所を設定します。この設定によってスクリーンショットで撮影したものが、そのままdropboxに保存されるという仕組みができあがります。この段階でぜひ一度スクリーンショットを撮ってdropboxに保管されるか確認してみてくださいね。

まとめ

さて、今回は「スクリーンショットを撮るとDropboxに保存される」という仕組みまでを設定しました。基本的な設定はとても簡単でしたよね。次回はIFTTT(イフト)というアプリケーションを通してDropboxに保存されたデータが自動でpinterestにアップロードされるという流れまでを設定していきます。では、また次回。

ゼロからはじめる Dropboxスマートガイド

ゼロからはじめる Dropboxスマートガイド