デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

自分に自信がないグラフィックデザイナーへ。外の世界に出て行こう!

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

f:id:toraneko-design:20171206110135j:plain

僕がまだ前職の制作会社にいた頃、なかなか自分の腕に自信がもてない時期が長く続きました。まあ会社も制作会社としては名もない会社だったし、メジャーな広告を作ってるわけでもない、さらにはその会社での教育システムも師弟関係の中で成長していくというようなものではなく、早い段階でいちデザイナーとして営業さんと組んでクライアントワークをしていたので「いつになれば十分なスキルが身につく」といったガイドラインや基準があるわけでもはなく、なかなか自分のデザイナーとしての力量を測りかねていた時期が続いていました。

もちろん仕事としてクライアントにデザインは自分のみの力で作ったものを納品していたし、それでお金をもらっている以上プロとしてやるべきことはやってきた自負もありました。でもそれと自分のデザインに自信があるというのとはどうにも合致しなかったんですよね。性格的なものもあったのかもしれません。 社内で出世し、役職がついても仕事を覚え出来ることが増えていっても自信はなかなか身につかず、それは今思えば心のどこかで「この会社だからできているんじゃないか」と思っていたところがあったんじゃないかと思います。デザイナーとしてあまり外を知らない中での劣等感のようなものがありました。

そんな中でそれとなく自信を持つきっかけとなるような出来事がいくつかありました。今回はそこから共通していることを導き出していきたいと思います。

自信に繋がった出来事

僕が経験上、自信に繋がった出来事をまとめてみます。どれも「外」というのがキーワード。

積極的にお客様と話してみる

f:id:toraneko-design:20171206110759j:plain

前職の会社は営業がいて、基本的には営業スタッフがお客様との間を繋いでくれていたので、お客様と顔を合わせる機会というのは比較的珍しいことでした。お客さんと合わないぶん、矢面に立つことはないのでそれは時に(期待にそえるデザインを出せなかった時の)辛辣な言葉をオブラートに包んでくれたりするというメリットもあるのですが、お褒めの言葉もオブラートに包まれちゃったり、伝わらなかったりするというデメリットがありました。しかし直接いただく言葉というのはかなり大きいもので、喜びの言葉やお褒めの言葉は自信に繋がります。僕もそう多くはないことではあったのですが、クライアント先に同行し、打ち合わせから納品の挨拶まで通しで顔を付き合わせて詰めていった案件は終わった後に自信につながりました。n

副業のデザインをする

f:id:toraneko-design:20171206122121j:plain

副業について書いたこちらの記事

design-neko.hatenablog.com

でもふれていますが副業で外部のデザインをすると、仕事をしている間は、〇〇会社のデザイナーという肩書きがなくなります。間に営業や代理店を挟まないぶん、失敗してダメになるのも自分の責任、成功して喜んでもらえるのも自分の責任というある意味のシビアさが伴います。そういった会社を離れたところでダイレクトに反応を感じながらまとめあげると、それはまるごと自分の自信に繋がります。また副業は会社に依存せずに仕事をしていけると思うとデザイナーとしてより強い自信に繋がります。。

外部の制作のスタッフさんに認めてもらう

カメラマンさんやWEBデザイナーなどで社内にいる人ではなく社外で活動している人に認めてもらうのも大きな励みになります。外の世界を知っている人に認めてもらえるというのはそのまま外の世界でも通用するという自信になりますからね。僕は仕事をしながらWEBのスクールに入った時にWEBデザイナーの方からグラフィックのスキルを褒めてもらったり、その繋がりで仕事をもらったり、そのもらった仕事で繋がったカメラマン、イラストレーターさんに認めてもらったりといった経験があるのですがそれは今思い返してみても自信に繋がる出来事だったように思います。

デザインコンペを勝ち抜く

f:id:toraneko-design:20171206122320j:plain

これはわかりやすく自信になると思いますがデザインのコンペを勝ち抜くというのはかなり自信に繋がるかと思います。だいたいこういったものは賞金があるので自分の腕でお金を稼ぐことができるとなると、更に自信がつきます。

まとめ

今回はデザイナーが自信をつけるには、といったところを記事にしました。外にどんどん出ていく=所属しているコミュニティに縛られず仕事ができるというところでわかりやすく自信に繋がっていくんでしょうね。まだ若手のデザイナーの方で自信をつけたいという方はぜひ外部との接点を増やしてみてください。それでは今回はこのへんで。