デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

時間のないデザイナーに!イラストレーターのスクリプトで作業を時短しよう!

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

こんにちは。師走に入りましたが私は相変わらずデザイン以外の雑務も多い毎日を過ごしております。雑務が多いので本来時間を割きたいデザイン業務に割ける時間がどんどん減ってしまう、、、ということでやはり自然と考えるのは作業の「時短」。今回は転職してから作業の時短を常々考えている私が、イラストレーターのスクリプトを使った時短術を紹介します。

イラストレーターのスクリプトとは?

f:id:toraneko-design:20171207151236j:plain

イラストレーターのスクリプトを普段使いしているデザイナーさんってどれぐらいいるのでしょうか?私の周りでは前の職場の制作会社も含めほとんどいなかったかもしれません。かくいう私もまともに知ったのはここ数年くらいなのですが、「もっと早くに知ってたらよかった!」と思っています。それくらい便利。そんなイラストレーターの「スクリプト」どんなものかというと、

Illustrator標準機能では手間のかかる処理を一発で解決する機能を実装する方法の一つ。JavaScriptで処理を記述したファイルを読み込んで、オリジナルの機能を使えるようにするもの。 基本的に標準機能でも実現可能な処理ですが、手順が煩雑だったり、同様の処理を繰り返す場合などに、手順をかなり省略することが可能。

参考 :https://liginc.co.jp/249449

というもの。簡単にいうと「面倒くさい処理をサクッと自動化する技術」ですね。

今回はとりあえずいくつかのスクリプトを紹介しつつ、実装方法についてを触れていきたいと思います。今回からのスクリプトの記事では自分でスクリプトを記述できないデザイナーさんを対象にスクリプトは書けないけど、コピー&ペーストで便利な機能を使いたい!というデザイナー向けに記事を書いていきます。

便利な無料のスクリプト機能の紹介

今回は自分でも使用している便利な無料スクリプト2つを紹介します。厳選、というわけではないのですがとにかく便利なのでスクリプトの使い勝手がわかるには十分かなと。また今回の記事ではふれませんが有料スクリプトというのもあり、もちろんですが無料スクリプトよりも高品質で便利なスクリプトが揃っています。この有料スクリプトについては別の記事にて紹介します。

原寸リサイズ再配置

corecara.biz

このスクリプトイラストレーター上で選択したリンクの配置画像を、Photoshopを使用して指定した解像度の原寸サイズにリサイズして配置し直すというもの。普段デザインの途中段階では画像のリサイズをせずに作業を進めることってありますよね。私も、特にデザインが固まってない場合は大きいサイズで画像を貼りながら作業を進めていくことが多いのですが、リサイズをせずに作業していると気がつくとデータが重くなって作業に影響が・・・ということがしばしばあります。そんな時、画像を選択してこのスクリプトを実行すれば一発で画像のリサイズと再配置を行い、現在のデザイン上のサイズに合わせた適正サイズの画像に自動でリサイズしてくれます。

このスクリプトを使わずに同じ操作をしようとすると

  1. illustrator上で画像のサイズを確認 2.Photoshop上で画像をリサイズ 3.illustrator上で再配置

という手順をふむ必要があり、結構手間がかかっていたのですが、これならば自動で一発。サイズに合わせてリサイズしてくれるので解像度の計測の必要もありません。

youtu.be

このように

f:id:toraneko-design:20171207151539j:plain

縮小して配置していた画像がスクリプト使用後には

f:id:toraneko-design:20171207151553j:plain

拡大・縮小100%に。ちなみにこの処理は複数画像に対して指定出来るので全選択(⌘+A)してこのスクリプトを使用すれば使用する全画像を一気にリサイズ&再配置が完了します。これは超絶便利!!!

数画像並べて配置

dtpstepup.blog47.fc2.com

このスクリプトでは選択したボックス(オブジェクト)の中に任意のフォルダの中の画像を同サイズで並べるスクリプト。サンプルでは以前に収集していた参考のロゴを並べています。 通常Illustratorでは複数を配置(ドラッグ&ドロップで)を行うといくつもの画像が重なり合った状態で配置されるため、そこから本来置きたい場所に移動するという手順をふんでました。これ、他のオブジェクトをロックして、移動して、、、ということをしなければならずなにげに面倒なんですよね。しかしこのスクリプトを使えば、フォルダ内の名前順に左上から右下に向かう降順で画像を並べて配置することができます。このスクリプトを使ったあとに複数の画像を指定したサイズに変形するスクリプト(別記事にて紹介)を使えば配置したそれぞれの画像を簡単にいう指定サイズに変形することができます。これは商品カタログやチラシのデザインなどで活躍します。

youtu.be

今回紹介した2つのスクリプトの詳細な説明・使い方はここでは書ききれないので別の機会でご紹介します。今回はまず、このIllustratorスクリプトの便利さを知ってもらえれば、、、と思います。

スクリプトの使用方法

スクリプトを使用する方法はいたって簡単です。スクリプトに馴染みがない人はスクリプトファイルをみるとコードが並んでいるだけなので、この段階でけっこう敷居が高いと考えてしまうかと思いますが、自分で記述するわけではないのでスクリプトを使用するのは全く難しくありません。前述のとおり今回はスクリプトを書けないデザイナーを対象にコピー&ペーストでできるという記事なので、スクリプト上記で紹介したようなそれぞれのスクリプトを公開しているサイトからダウンロードします。各サイトではどんなスクリプトで、どんなメリットがあるかを説明しているので、Illustrator経験者であればどんな作業が時短できるのかすぐにわかるかと思います。(だいたいデザイン経験者の方が作って公開しているので、普段自分が困ったことや不便に感じていることを解消するスクリプトを作られているのでデザイナーにもかゆいところに手が届くようなとても便利なスクリプトが多いです)

手順としては、

  1. ダウンロードしたjsファイルをIllustratorのフォルダの中のプリセット > スクリプトの中にドラッグ&ドロップ

あるいは

  1. イラストレーターのメニュー > ファイル > スクリプト > その他のスクリプトスクリプトの選択画面になるので実行するスクリプトファイルを選択することで使用が可能になります。

はじめてスクリプトを使う人には2.の方法の方がデータを用意するだけなので使いやすいかと思います。(※このほかにもスクリプトにショートカットを割り当てる「SPAi」という無料アプリを使用する方法もあるのですが、そちらはまた別の記事で紹介したいと思います。)

まとめ

今回はイラストレーターのスクリプト紹介ことはじめとして、こんな便利なことが楽にできるというところを実感してもらい、ここに続く記事として「無料で使える!ケース別の便利なスクリプトの紹介」「スクリプトにショートカットを割り当てる便利なアプリ」「さらに作業を快適にする有料スクリプトの紹介」という記事でスクリプトを紹介できればと考えています。

今回紹介したスクリプト原寸リサイズ配置」も「複数画像並べて配置」もそれぞれのスクリプトの作者さんが無料で公開してくださっているものです。感謝して使用させていただきましょう。それでは、今回はこのへんで!