デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

時短効果抜群!現役デザイナーがオススメする無料スクリプト8選

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこ@toranekodesignです。

こんにちは。今回も前回の記事に続き便利なイラストレーターの機能「スクリプト」について紹介をしていきましょう。 今回紹介するのは実際に私が使っている無料スクリプト。使ってみるとわかりますが、驚くほど便利で、かなり作業時間を短縮できます。これだけ便利なものが無料ってホントにありがたい。普段使いになること間違いなしです。 それではさっそくオススメ無料スクリプトを紹介していきましょう

 1.テキストばらし

イラレで便利: テキストでちょっと便利

f:id:toraneko-design:20171207152939j:plain

まずトップバッターで紹介するのは複数行のテキストを、改行ごとに別のテキストにするスクリプト「テキストばらし」。クライアントからもらう支給テキストはワードなどのデータが多いかと思いますがそのままコピペすると改行が多ぬて使い勝手が悪いものが多い。いちいち一行ずつコピペしなければならない場合は微妙に手間になります。そんな時にこのスクリプト「テキストばらし」を使えば長く改行が多いテキストを改行ごとに分割することが可能です。

f:id:toraneko-design:20171207153000j:plain (左がスクリプトをかける前、右がスクリプト後)

こんな時にオススメ :クライアントから支給されたテキストを一行ごとに分割したいとき

 

2. 複数画像をオブジェクト内に並べて配置

複数画像並べて配置 by illustrator javascript - DTPを快適に!

f:id:toraneko-design:20171207153401j:plain

illustratorの標準機能では、複数の画像を一括で配置するにはドラッグ&ドロップで貼り付けますが、これだと同じ位置に重複して配置されます。そこから配置したい場所に移動させるのは面倒くさい。画像の数が多ければ多いほどなおさら。そんなときにこのスクリプトが大変便利です。使い方はとても簡単で、画像を配置する範囲のオブジェクトを選択し、スクリプトを実行します。その後画像の収納されたフォルダを選択するだけ。(画像は名称順に左上から右下に向かった降順で並びます)

f:id:toraneko-design:20171207153835j:plain (画像を配置したい範囲(オブジェクト)を選択します)

f:id:toraneko-design:20171207153929j:plainスクリプトをかけ並べたいフォルダを選ぶと、オブジェクトの範囲内に選択したフォルダ内の画像が並びます)

こんな時にオススメ :チラシやカタログなどの商品数の多いデザインを作る時にオススメ。

 

3. バラバラのオブジェクトサイズを整える

サイズを指定してオブジェクトの大きさを揃えるスクリプト(縦横固定)Script to align the size of object[Fixed] | ROCAPPAのSampleScript

f:id:toraneko-design:20171207154727j:plain

複数のオブジェクトに対し、幅や高さを指定したサイズに揃えることができます。画像やアイコンなどのサイズを揃えたいときにとても便利です。2.で紹介したスクリプトで画像をまとめて配置したあと、このスクリプトで一気に画像のサイズを貼り替えるとあっという間にサイズを指定した画像を並べることができます。

f:id:toraneko-design:20171207154932j:plain (サイズをそろえたいオブジェクトを選択しスクリプトを選びサイズを指定すると)

f:id:toraneko-design:20171207155006j:plain (指定したサイズに変形します【ここでは50mm】)

こんな時にオススメ :チラシやカタログなどの商品数の多いデザインを作る時にオススメ。

4. 原寸リサイズ再配置

corecara

f:id:toraneko-design:20171207155200j:plain

こちらはイラストレーターに貼ったリンク画像を指定した解像度でサイズを原寸にリサイズして再配置してくれるという超絶便利なスクリプト。私はデザインをしている途中はざっくりとしたサイズの画像リサイズしか行わないので、画像が多いデザインでは気がつくとデータが重くなってしまうのですが、このスクリプトを使うとサクッと画像をリサイズをしてくれるのでかなり楽です。もちろん複数画像に実行できるので、スクリプトをかけて別の作業をしてればリサイズが完了してます。これは(私のような)面倒くさがりデザイナーにはたいへん助かるスクリプトです。

youtu.be

こんな時ににオススメ :デザインデータが重くなってきたとき。データ納品前のリサイズ。

 

5.形式変換再配置

corecara

f:id:toraneko-design:20171207155332j:plain

こちらはillustrator上で選択されているリンク配置画像を、Photoshopを使用して指定したファイル形式に変換し再配置するスクリプトです。変換後の配置画像は開かれているaiファイルと同じ階層に複製されます。こちらも複数画像を一気に変換できるので該当する画像を選択してスクリプトを動かせばOK。ついつい「作業時にJPEGのまま貼って作業しちゃうよ」というデザイナーさんにはオススメのスクリプトです。とはいえ、jpegで配置するのはどうなんだとは思ってます。なので、部下がJPEGで画像貼ってたら一言いいますけどね。。。再配置までしてくれるので挙動としては4. の原寸リサイズ再配置に近いです。

こんな時にオススメ :画像を加工せずにjpegを配置したデータをサクッとpsdに差し替えたいとき

6.共通フォント検出

corecara

f:id:toraneko-design:20171207155714j:plain

指定したフォントが使用されているテキストフレームをまとめて選択状態にするスクリプト。あとからまとめて本文を中ゴシックBBBからヒラギノに変えたらどうだろ???みたいな場合に非常に役立ちます。テキストフレームの内部に1文字だけでも使われていれば検出でき、また複数のフォントを対象とすることも可能です。

こんな時にオススメ :本文をかえてガラッと文字組の印象を変えてみたいとき

7.選択した複数のテキストアイテムを順に編集する(Edit Texts by Dialog

3flab inc. | テキスト編集ダイアログ

f:id:toraneko-design:20171207155910j:plain

選択したテキストアイテムを順に別ウィンドウで編集することができるスクリプトです。デザインを引きの状態で見ながらテキストを修正したいときなどに重宝するスクリプト。また他のオブジェクトを触る心配がないので気がつかないうちに周辺のオブジェクトをいじってしまっていた、というようなミスを避けることができます。

こんな時におすすめ :ある程度デザインが固まった状態で細かいところの文字修正が入った時

 

8.選択したテキスト群にテキストや連番を追加するスクリプトAdd Text Serial Number by Dialog

3flab inc. | 接頭辞・接尾辞・連番テキスト追加

f:id:toraneko-design:20171207160012j:plain

追加するテキストには、接頭辞、先頭連番、接尾辞、末尾連番をそれぞれ指定することができます。1からではなく途中から始まる数字(例えば3以降の数字を頭に順につけていく)ということもできます。使い方次第で様々な応用ができるのでぜひいろいろ試してみてくださいね。

f:id:toraneko-design:20171207160059j:plain (選択したテキストの前後に任意のテキストや連番をふることが可能。)

f:id:toraneko-design:20171207160121j:plain (❶はテキストの前の連番と文字、❷はテキストの後ろの連番と文字)

まとめ

今回は以前のスクリプトで作業を時短するの記事

design-neko.hatenablog.com

に続いておすすめの無料スクリプト8つを紹介しました。簡単に使えてどれもとっても便利です。なんとなく難しそうだと思って敬遠していたデザイナーさんはぜひ試してみてください。作業が劇的に楽になります。それでは、今回はこのへんで!