デザインねこ

現役グラフィックデザイナーがお届けするデザインの時短ネタや参考ネタ、HOW TOなどのお役立ち情報から、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と1匹でお届けする(デザインよりの)雑記ブログ。

グーグルストリートビューで時を超えろ。タイムマシン機能で昔の街へ旅立とう!

こんにちは、今日もよろしくお願いします、デザインねこです。(@toranekodesign

 

僕は現職、前職を通じて8年くらい渋谷駅を経由していますが、こないだ宮益坂口を出てヒカリエを見た時に、「アレ?ここって昔はどんな感じだったっけ?」と思いました。記憶では6、7年前あたりからずっと工事で少しずつ変わっていったような、、、。ここは普段から使ってるんで変わっていく景色に慣れてしまって、前の様子が全然思い出せないんですよね。そんな時にふと思い立ってグーグルストリートビューの「タイムマシン」機能を使って確認してみました。が、コレが大当たりでとても楽しいんです。景色とともにいろんなことが思い出されて楽しめるので、ぜひぜひお試しくださいね。

 

使い方

f:id:toraneko-design:20180711151247j:plain

 

それではストリートビューのタイムマシン機能の使い方を紹介していきましょう。

  

f:id:toraneko-design:20180106143837j:plain

まずはグーグルマップを起動

 

 

f:id:toraneko-design:20180106143855j:plain

 続いて見たい場所を入力します。今回は変化がわかりやすい新宿の新南口のバスタ周辺を見てみましょう。

 

f:id:toraneko-design:20180106144018j:plain

場所がピンで表示されるのでペグマン(人型のアイコン)を地図にドラック&ドロップします。

 

f:id:toraneko-design:20180106144052j:plain

 

 

f:id:toraneko-design:20180106144105p:plain

これでストリートビューが表示されました。

 

f:id:toraneko-design:20180106144125j:plain

さらにこの左上のウィンドウの時計のアイコンをクリックし、見たい年をクリック。

 

f:id:toraneko-design:20180106144139j:plain

これで左上のウィンドウに見たい年のストリートビューが表示されます。これは現在のストリートビューに対応して動きます。

 

f:id:toraneko-design:20180106144156p:plain

 

このままバスタの正面まで来てみました。左上の2009年のウィンドウと比べると大きく変化してますね。ドコモタワーも見えなくなってますね。

 

 

f:id:toraneko-design:20180106144321j:plain

さらにタイムマシンのウィンドウをクリックすると

 

 

f:id:toraneko-design:20180106144339j:plain

大きいウィンドウもタイムマシン表示になり、大きい画面でかつてのストリートビューを辿ることができます。

 

試しに散策してみた

それでは、2009年の渋谷駅宮益坂口を散策してみましょう。ちなみにストリートビューは場所によって表示できる時期が違うようです。

 

f:id:toraneko-design:20180106144427j:plain

こちらが最新の20169月の渋谷駅前宮益坂口。

 

 

f:id:toraneko-design:20180106144455j:plain

そしてこれらが2009年の駅前宮益坂口。地下鉄への入口が今と違いました。ビアードパパがあって並んで買ったのを思い出します。そうそう、駅を出て左の植え込みに喫煙所もありました。

 

f:id:toraneko-design:20180106144526j:plain

東急の入り口はここにもありました。

 

f:id:toraneko-design:20180106144539j:plain

まだヒカリエはなく。

 

f:id:toraneko-design:20180106144603j:plain

ラーメン屋も健在です。

たった8年、9年でこれだけ街は変わるんですね。そして、まだまだ渋谷はこれからも変わっていくんでしょうなあ(しみじみ)。そして気がつくと自分はこんなにたくさんのことを忘れてるんだなあと気付かされますね。

 

まとめ

さて、今回はグーグルストリートビューの機能、タイムマシンのご紹介でした。この機能の素晴らしいところは過去へ帰れるところだなあと僕は思っています。この機能で震災の被災地のエリアでは被災前の町並みを見ることができます。自然災害によって失われた街を、ディスプレイの中の世界でも見れるということはとても意義があることなんじゃないかなと思います。

 

いつか時代が進んでよりVRの技術が進んだらストリートビューの世界に入りこんでまるで昔の街を歩き回るような体験ができるのかもしれません。自分が歳をとって歩くのが大変になった時に、VRで昔の街を歩いたりすることができたら素敵だなあ。そんな技術は大歓迎!というところで、今回はこのへんで。