ねこひいきをどうぞごひいきに

ハンドメイドやデザインを生かした暮らしにまつわるお役立ち情報から、子育ての悩みやこんな風に解決したよというお話、ハンドメイド、インテリアや暮らし、ネコとの生活など様々なジャンルの記事を2人と赤ん坊1人、そして1匹でお届けする雑記ブログです。

【Macユーザー限定】アプリ「みてね」の画像を一括で自動で保存する方法

f:id:toraneko-design:20190424165913j:plain

こんにちは。ねこひいき、デザイン部です。今回は息子くんが生まれてからずっとお世話になっている家族アルバムアプリ「みてね」の画像を一括で自動保存する方法をご紹介します。正規の機能には存在しない機能ですが、マックの標準アプリautomaterを使って実現できます。

 

方法がないかを調べていた時に検索ワードの中で一括保存のニーズが高いことがわかりました。まあ、大事な子供と画像の写真なので何かあったときに見れなくなったら悲しくてしょうがないですからね。ということで自動保存を行う方法をまとめていきます。

 

画像アルバムアプリ「みてね」

f:id:toraneko-design:20190424125902j:plain

まずそもそも「みてね」って何?というひとはあまりこの記事を読んでも意味はないと思いますので、「みてね」を知らない人はこちらでアプリについてを見てみるとよいかなと思います。とてもオススメのアプリですよ。

 

ひとことでいうと「離れた家族と子供やペット、家族の写真を共有できるアルバムアプリ」です。この記事では「みてね」の説明はここまでにしましょう。詳しくはアプリのサイトでご覧ください。

 

 

今回の一括自動保存に対応するパソコンはMac

f:id:toraneko-design:20190424164022j:plain

 今回対応するパソコンはMac、アプリとしてはautomatorを、ブラウザとしてはSafariを使います。基本的には新しいアプリなど不要で標準の状態で対応可能です。

 

 

実践!みてねの画像の一括自動保存!

それでは、自動での一括保存を行なっていきましょう。一括とは言っていますが、ボタン一つで全部をスパーンと保存!というようにはいかないです。。。残念。

 

ただ、設定すれば自動でPCが処理をしてくれるので設定後、パソコンをほったらかしにしておけば勝手に保存してくれます。

 

まずは最終的にどう動くかを見てみましょう。

 


マイムービー

 

こんな風に保存次の写真へという動作を繰り返します。この画面ではわかりませんがこのシンプルな動作はAutomatorで作成したアクションで自動で動いています。Automatorで始めに稼働するアクションを選んだらあとはSafariを開いて待つだけ。とても簡単です。

 

さて、最終的な動作イメージが掴めたところで、実際に設定を進めていきましょう。

 

❶ ブラウザでのアクセスができるようにブラウザ版での招待を行う

まずは今回の画像はパソコンのブラウザで保存をしていくためパソコンから「みてね 」

を見ることができるように招待をします。

 

これは「みてね」のスマートフォン版の

家族設定+家族を招待する招待する人を選んでブラウザ版を招待

 

f:id:toraneko-design:20190424152342j:plain

 

でメールアドレスとニックネームを登録すればOK!登録したメールアドレスに招待メールが届くのでメールの指示に従って登録を進めます。

 

❷ Safariの環境を整える

今回使用するブラウザはSafariになります。普段はChromeを使っていますが、この処理に関してはChromeは稼働してくれません。そのため今回はSafariを使っていきます。

 

Safariを使うにあたり、

 

f:id:toraneko-design:20190424153320p:plain「ダウンロード後、”安全”なファイルを開く」の設定でチェックを外しておきます。

 

これは後ほどわかりますが、この設定にチェックを外しておかないと保存した画像を自動的に開いてしまい、アクションがうまく機能しないからです。

 

❸ オートメーターにアクションを登録する

続いてアプリAutomatorを開いてアクションを作成していきます。アクションとは自動で動くレシピのようなもので、一つ一つの動作を組み合わせることで簡単に作ることができます。一つ一つの動きを組み合わせることで今回の操作では

 

f:id:toraneko-design:20190424153743j:plain

保存次のページへ保存次のページへ・・・というループを作って進めていきます。

 

【具体的な手順】

 

下記に一連の流れを動画に録画しました。


sample001

 

① Automatorで右上にある「記録」をクリック。 

 

② Safariで画面を開いて「保存」をクリック。

 

③ 続いてキーボードのカーソルの右を押す(画面では念の為、もう一度②と③を行なっています)

 

④ Automatornの記録を終了します。

 

⑤ イベント部分が下記になるようにdeleteキーで他の要素を削除します(動画参照)

f:id:toraneko-design:20190424160611j:plain

これで、保存する+次の写真を表示するというアクションが作れました。

 

⑥ この⑤で用意したアクションをループさせます。

ひとまず動画に合わせた設定でよいかと思いますが、ここでは100回にループ回数を指定しています。(ちなみに回数ではなく、ループ時間を指定することもできます)

※下記は今回の設定内容です

f:id:toraneko-design:20190426142816p:plain

 

以上で Automatorの設定は終了です。

 

Automatorの再生マークをクリックし、Automatorが動き出す前にすぐにSafariのウィンドウをクリックします。(SafariのウィンドウはAutomatorのウィンドウにちょいズラしで配置するのをオススメします)

 

f:id:toraneko-design:20190424163434j:plain

(こんな感じで)

 

これで、SafariのウィンドウにAutomatorのアクションが再生され、冒頭の動画のように画像が保存できるようになりました。ループの回数だけ同様の処理を続けるので保存する枚数に応じてループ回数を決めておくとよいでしょう。

 

注意点 

ちなみに僕のMacでは作成して一度ウィンドウを閉じたAutomatorのアクションは下記のようなエラーが出て使えなくなることがありました。

f:id:toraneko-design:20190424162043j:plain

 

毎回というわけではないのですが。。。そのためこの操作をする際は必要に応じて随時アクションを作る必要があるかもしれません。

 

まとめ

以上が、「みてね」の画像を一括で、自動で保存する方法です。MacのAutomatorはこんな風に自動化レシピを組むのにとってもオススメ!ぜひお試しくださいませ。