ねこひいきをどうぞごひいきに

ハンドメイドやデザインを制作する「ねこひいき」がお届けするハンドメイド・デザイン・子育てに関するお役立ち情報をまとめた雑記ブログです。ものづくり好きな夫婦二人とニコニコの息子くん、そしてねこひいきの社長であるねこのコタローさんの3人と一匹で絶賛営業中。

月齢6か月の赤ちゃんとの初めての旅行で感じた「宿や旅のチェックポイント」

旅行のチェックポイント5

 

こんにちは、ねこひいき子育て部です。

先日、息子くんのハーフバースデーで奮発して箱根旅行をしてきました!

 

旅館もちょっと奮発したのもあって、ステキなところ。

 

結果的にはとても楽しく、思い出の深い旅行になりました。

 

そう、結果的には!

 

どういうことかというと、事前に準備はしていたのですが、旅館ではかなり焦ったことがありました。それが、

 

❶壁の薄さ

❷部屋の明るさ

❸ミルク不足

 

の3点。旅にトラブルはつきもの、とは言いますがこれはなかなかの試練でした。

 

ということで今回は月齢6か月の赤ちゃんと旅をして感じた「宿や旅のチェックポイント」として先の3点について書いていきます。

 

同じような月齢の赤ちゃんと旅行にいく人たちの参考になるようなエントリーになると良いなと思います。

 

 

旅行の準備状況

f:id:toraneko-design:20191018124802j:plain

ウチはかあちゃんがしっかりしているので、事前に準備をしっかりしてくれて持ちものもスケジュールもともにかなりの下調べをしてくれていました。

 

旅館の口コミチェックをし、そこでみた不満のポイントにも合わせた対応をしていたり。

 

それでも旅はナマモノですね。対応できないポイントがありました。

 

ということで、先ほど旅行に当たって困ったポイントについてをまとめていきます。

 

1. 壁の厚み=防音はしっかりしているか?

f:id:toraneko-design:20190426154025j:plain

(写真はイメージです)

 

僕らが泊まった旅館は思ったよりも壁が薄く、子供の泣き声がバッチリ外に漏れてました。

 

どれくらい薄いかというと、部屋の外から子供の泣き声が聞こえるくらい。

 

さらに部屋の中にいても隣の部屋の笑い声が漏れ聞こえてきました。

 

こんなに壁が薄いのか。。。

 

これがこの旅行一番の問題でした。

 

 

2. 部屋が明るい=子供が寝つきにくく、朝早く目覚めてしまう。

f:id:toraneko-design:20190426145811j:plain

(写真はイメージです)

さらに今回選んだ部屋は和室なので障子の部屋。

環境もよく日当たりがバッチリ。すごく気持ちよい部屋なのですが

 

部屋が明るすぎる

 

f:id:toraneko-design:20190426154851j:plain

夜は暮れるまで明るく、朝は明るくなるのが早い。

 

普段は遮光カーテンで明るさを調整し入眠させているため

 

なかなか寝つけず夕方から寝ぐずり。

そして明るくなるのが早いため起きるのも早くなってしまう→結果、朝からぐずる。

 

という大変な状況でした。

 

ただでさえ夜泣きもあるので、気が気ではないですね。。。

 

さらにこの条件にプラスして、壁が薄いという大問題がありました。

 

なんとか息子くんを寝つかせないと苦情につながりかねない。。。

 

これはかなりの焦りと恐怖でした。

 

 

3.ミルク不足=ミルクが足りなくなった

f:id:toraneko-design:20190426150104j:plain

今回は特に無事に寝つかせないといけないという状況なので、入眠しやすいルーティンをとっていました。

 

息子くんは普段からミルクを飲んだあとは眠りやすい傾向にあったので、寝付かせるために普段よりもミルクを多く飲ませていました。

 

するとなんと、余裕を持って用意してきたミルクが無くなってしまったんです。

 

これには焦りました。

 

結果的にミルクはかなりゆとりを持って用意しておく方がいいというのがわかりました。

 

また、周辺のドラッグストアも事前に確認しておくといいでしょう。

 

今回の宿は山の中で周りにドラッグストアどころかコンビニもなかったのでミルクを調達する場所がなかったんですよね。

 

ちなみにそのときはギリギリでなんとかなりました。ホント良かった!

 

以上が月齢半年の子と旅行をして困った大きなポイントです。

 

壁の厚さが全ての項目に関わっているので(壁が厚ければ多少泣いても慌てずに済んだわけで)

 

第1優先事項は壁の厚さかと思います。

 

対策としては

 

「夜泣きする小さな子がいるので、部屋の壁の厚さが気になるのですが壁の厚さはいかがでしょう?」

 

と予約の際に聞けるといいかもしれません。旅館側で夜泣きする月齢の子がいる、と認識してくれていると何かしらあらかじめ対応してくれるかもしれません。

 

今回事前にシミュレーションしましたが、やはり行ってみると全く想定しないことが、起こりますね。まあ、それも含めて楽しめるといいんでしょうね。

 

結果的にウチは奥さんの頑張りで息子くんはよく寝てくれて、事なきを得ました。

 

トータルで見ても初めてのお泊まり旅行としてはかなりよい旅だったのではないかなと思います。

  

ということで、今回はこのあたりで。

 

引き続き、ねこひいきをどうぞごひいきに。