ねこひいきをどうぞごひいきに

ハンドメイドやデザインを制作する「ねこひいき」がお届けするハンドメイド・デザイン・子育てに関するお役立ち情報をまとめた雑記ブログです。ものづくり好きな夫婦二人とニコニコの息子くん、そしてねこひいきの社長であるねこのコタローさんの3人と一匹で絶賛営業中。

【Macユーザー限定】アプリ「みてね」の画像を自動で保存する方法

 

みてね_自動保存_トップ



 

(2019年10月更新)

 

こんにちは。ねこひいきデザイン部です。

 

今回は家族アルバムアプリ、みてねにアップした画像のバックアップアップ(パソコンへの保存)を自動で行いたい人向けのエントリーです。

 

今回のエントリー内容はMacユーザ向け。Windowsのかた、ごめんなさい。

 

さて、みなさんは普段子どもの写真を夫婦や家族感でどのように共有していますか?

 

うちはアプリ「みてね」一択!

 

子供の写真などを家族と共有できる家族アルバムアプリ「みてね」

 

我が家でもすごい活躍をしています。

 

このアプリのおかげで遠く離れたじじばばたちとも息子くんの最新の写真を共有できています。

 

わが家ではもう絶対手放せない神アプリ!

 

そんな神アプリの「みてね」ですが、1点だけ改善希望の点が!

 

それが

 

アップロードした画像を一括でダウンロードできない

 

ということ。

 

 

うちでは定期的に(約半年に一度)息子くんの写真から選りすぐりのもので写真集を作っているのですが、その際にみてねにアップされた写真から選抜しています。

 

みてねで半年分くらいアップした画像からの選抜をするので、一度パソコンにダウンロードして作業をします。

 

が、そのときにみてね→パソコンへと一括でダウンロードができるととても作業がしやすいのですが現在みてね、ではその機能がないんですよね。

 

みてねには複数のスマホやパソコン、タブレットなどの端末から画像をアップしているので、みてねでアップした画像を集めるのはかなり大変です。

 

さらに不安なのはみてね、のアプリ自体がクローズするパターン。

 

みてねを運営しているのはあの大手企業のわmixiなのでまず大丈夫かと思いますが、もし何かトラブルでみてねが消えてしまったりすると

 

せっかく撮りためた子供の画像がまるごとなくなる

 

という恐ろしい事態になってしまいます。

 

そのためみてね→パソコンに定期的にバックアップを取っておきたい。

 

でも今の段階ではバックアップ方法がないんです。

 

そこで自分なりにアレコレいろいろ試してみたところこれを解決する方法はMacAutomatorというアプリにありました。

 

というわけで今回はこの「みてね」の画像をパソコン(Mac)に自動で保存する便利な方法をまとめます。

 

これはパソコンがMacであれば特に専用に追加するアプリなどを用意する必要もなく無料で使うことができます。

 

 それでは、まいりましょう。

 

 

 

画像アルバムアプリ「みてね」

 

f:id:toraneko-design:20190424125902j:plain

そもそも皆さんは「みてね」というアプリを知っていますか?

 

「みてね」って何?というひとはあまりこの記事を読んでも意味はないと思いますので知らない人は下記サイトでアプリについて目を通してみてくださいね。

 

mitene.us

 

ひとことでいうと「離れた家族と子供やペット、家族の写真を共有できるアルバムアプリ」です。

 

・無制限で写真をアップロードできる

・家族みんなで楽しくコメントできる

・一ヶ月ごとの写真で自動整理できる

などなど

 

といった便利な特徴がまとまっています。

 

今回の一括自動保存に対応するパソコンはMac

 

f:id:toraneko-design:20190424164022j:plain

 先ほども触れましたが、今回対応するパソコンはMac。

使うアプリとしては標準の状態で入っているAutomator、ブラウザとしてはSafariを使います。

基本的には新しいアプリなど不要で標準の状態で対応可能です。 

 

実践!みてねの画像の自動保存!

それでは、自動での一括保存を行なっていきましょう。ちなみに自動とは言ってもボタン一つで全部をスパーンと保存!

 というようにはいかないです。。。残念。

 ただ、設定さえすればPCが自動で処理をしてくれるので設定して稼働したらパソコンをほったらかしにしておけば保存されています。

  

さて、まずは最終的にどう動くかを見ていきましょう。

 


マイムービー

 

このように

 

保存→次の写真へ → さらに保存 → 次の写真へ → ・・・

 

という動作を繰り返してます。

 

このシンプルな動作はAutomatorで作成したアクションで自動で動いています。

 

動かしたいアクションを作って動かしらあとはSafariを開いて待つだけ。

 

と、とても簡単です。

 

さて、最終的な動作イメージが掴めたところで、次は実際の設定を進めていきましょう。

 

さて、最終的な動作イメージが掴めたところで、次は実際に設定を進めていきます。

 

❶ ブラウザでのアクセスができるようにブラウザ版での招待を行う

まずは今回の操作はスマートフォンではなく、パソコンを使って保存していきます。

そのため、パソコンから「みてね 」にアクセスができるようパソコンユーザーとして招待をしていきましょう。

 

「みてね」のスマートフォン版の

家族設定+家族を招待する招待する人を選んでブラウザ版を招待

 

f:id:toraneko-design:20190424152342j:plain

 

でメールアドレスとニックネームを登録すればOK!登録したメールアドレスに招待メールが届きます。

 

メールに書いてあるリンクよりブラウザページに移動します。

 

❷ Safariの環境を整える

今回使用するブラウザはSafari。ちなみに今回の処理をGoogle Chromeでも試してみましたが、この処理に関してはChromeは稼働しませんでした。

 

ブラウザの相性もあるのかもしれませんね。

 

ちなみにSafariを使うにあたり、

f:id:toraneko-design:20190424153320p:plain「ダウンロード後、”安全”なファイルを開く」の設定でチェックを外しておきます。

 

これはこの設定のチェックを外しておかないと保存した画像を自動的に開いてしまい、アクションがうまく機能しないからです。

 

❸ オートメーターにアクションを登録する

続いてアプリAutomatorを開いてアクションを作成していきます。

 

アクションとは自動で動くレシピのようなもので、一つ一つの動作を組み合わせることで簡単に作ることができます。

 

今回の操作では

 

f:id:toraneko-design:20190424153743j:plain

保存→次のページへ→保存→次のページへ・・・というループを作って進めていきます。

【具体的な手順】 

下記に一連の流れを動画に録画しました。


sample001

 

① Automatorで右上にある「記録」をクリック。 

 

② Safariで画面を開いて「保存」をクリック。

 

③ 続いてキーボードのカーソルの右を押す(※画面では念の為、もう一度②と③を行なっています)

 

④ Automatornの記録を終了します。

 

⑤ イベント部分が下記になるようにdeleteキーで他の要素を削除します(動画参照)

f:id:toraneko-design:20190424160611j:plain

これで、保存する+次の写真を表示するというアクションが作れました。

 

⑥ この⑤で用意したアクションをループさせます。

ひとまず動画に合わせた設定でよいかと思いますが、ここでは100回にループ回数を指定しています。(ちなみに回数ではなく、ループ時間を指定することもできます)

※下記は今回の設定内容です

f:id:toraneko-design:20190426142816p:plain

以上で Automatorの設定は終了です。

 

utomatorの再生マークをクリックし、Automatorが動き出す前にみてねを開いた状態のSafariのウィンドウをクリック。

 

SafariのウィンドウはAutomatorのウィンドウにちょいズラしで配置するのをオススメ)

 

f:id:toraneko-design:20190424163434j:plain

(こんな感じで)

 

これで、SafariのウィンドウにAutomatorのアクションが再生。

 

冒頭の動画のように画像が保存できるようになります。

 

ループの回数だけ同様の処理を続けるので保存する枚数に応じてループ回数を決めておくとよいでしょう。

 

注意点 

ちなみに僕のMacでは作成して一度ウィンドウを閉じたAutomatorのアクションは下記のようなエラーが出て使えなくなることがありました。

f:id:toraneko-design:20190424162043j:plain

 

毎回というわけではないのですが。。。

そのためこの操作をする際は必要に応じて随時アクションを作る必要があるかもしれません。

 

まとめ

以上が、「みてね」の画像を自動で保存する方法です。動画の手順に沿って設定すれば誰でも設定できるはず!

 

MacAutomatorはこんな風に自動化レシピを組むのにとってもオススメなのでぜひお試しください。

 

それでは!

 

ねこひいきをどうぞごひいきに。