ねこひいきをどうぞごひいきに

ハンドメイドやデザインを制作する「ねこひいき」がお届けするハンドメイド・デザイン・子育てに関するお役立ち情報をまとめた雑記ブログです。ものづくり好きな夫婦二人とニコニコの息子くん、そしてねこひいきの社長であるねこのコタローさんの3人と一匹で絶賛営業中。

PCにバックアップした「みてね」の画像はGoogle photoにバックアップ

ページタイトル

 

 こんにちは、ねこひいきデザイン部です。

 

先日のエントリーでは、みてねから撮ったバックアップの画像 

www.design-neko.tokyo

 

 

を使って、しまうまプリントでフォトブックをつくりました。 

www.design-neko.tokyo

 

今回はみてねからとったバックアップ画像をパソコンの容量を圧迫しないためにGoogle Photoに保存するという方法を紹介します。

 

私がみてねを使い始めてから1年ちょっとが経過しましたが、現在みてねにアップした画像は6000枚弱。

 

これだけの枚数になるとかなりの容量になります。

 

実際にバックアップをとってみるとなんと25GB超。

 

DVD6枚分の容量になります。

 

このデータ、パソコンに保存しておいてもいいのですが、私の場合は仕事でもノートパソコンを使うのであまりパソコンの内臓ディスクを圧迫できない。

 

そこで今回白羽の矢を立てたのがGoogle PhotoGoogle Photoならば容量を気にせず画像を保存することができ、みてねとは違って、いつでも簡単にデータを取り出せる(=パソコンに保存できる)状態で画像を管理することができます

 

下にまとめていますが、この方法はGoogleのプラットフォームを使うためさまさままメリットがあります。

 

特に大きな手間もかからず作れるバックアップなので、みてねのバックアップをとった際にはぜひ合わせてGoogle Photoへのバックアップもとることをオススメします。

 

Google Photoバックアップのメリット

 

クラウドバックアップなのでパソコンが壊れてもデータが失われない

クラウドデータへのバックアップになるのでパソコンに対する物理的なダメージなどでパソコンにあるデータが壊れても大丈夫です。クラウドへの保存になるので、パソコン本体が壊れてもいつでもバックアップされたデータにアクセスできます。

 

クラウドにデータがあるので、外部からアクセスできる

Googleのクラウドバックアップのためパソコンがなくても外部からアクセスすることができます。スマホからも見たりデータを引き出したりできるので出先で画像を見せたいときや画像データを送りたいときにも簡単に対応できます。

 

簡単な共有

共有アルバムを作って画像を共有することもできるので、家族や友達からのアクセスも可能になります。みてねのように写真を共有するような使い方もできます。

 

容量無制限(条件あり)

ここが一番のポイントですが、最大解像度 16 MP の写真や 1080p HD の動画を、いくつでも無料でバックアップできます。(無制限にならないケースについてはバックアップ方法の紹介の中で説明します)

 

 

撮影日で振り分けされる

これはとてもありがたい機能で、みてねから一括でダウンロードしたデータが自動で撮影日で振り分けられていました。

 

以上のように無料とは思えないレベルの機能がたくさん。

 

またGoogleのサービスはGmailをはじめとして「普段使っているから馴染み深いですよ〜」というひとがたくさんいるので共有しやすいのというのもありがたいところですね。

 

バックアップ方法

 

それでは、具体的なバックアップ方法についてをまとめます。

 

グーグルフォト

❶まずは、管理しやすいように新しくアカウントを作ります。

 

 

グーグルフォト2

❷Google Photoにドラッグアンドドロップで写真を入れていきます

 

グーグルフォト3

❸ドラッグアンドドロップをすると、画像の元のサイズで保存をするか、高画質で保存をするのか選択画面になります。

 

グーグルフォト4

 

このバックアップの写真を使って印刷をしたりするようなケースでなく普段使いやバックアップ目的であれば高画質を選択で問題ありません。

 

なんといっても、高画質保存であれば

 

容量無制限で画像を保存することができます。

 

つまり何枚でも保存していいんです。

 

今回のみてねの画像をずっと保存できるスペースとしてGooglePhotoはうってつけの場所になりますね。

 

ちなみに、元のサイズで保存する場合、上記でもふれましたが15GBまでの容量になります。この15GBという容量は

 

・Google Drive

・Gmail

・Google Photo

 

という3つのサービスでの保存容量になります。(※サンプルのアカウントの画像は他の2つのサービスで10GB程度を使っているので残りの容量が5GBと表示されています)

 

まとめ

以上がGoogle Photoを使ったバックアップの作成方法です。アカウントを作ってドラッグアンドドロップというとても簡単な手順なので、ぜひこちらの記事のようにみてねの画像のバックアップをとった際には合わせてオススメです。

 

www.design-neko.tokyo

 

それでは、今後もねこひいきをどうぞごひいきに。